所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
光を高くかかげよ
2019.08.11説教:最上?光宏 牧師
マタイによる福音書5:13-16
主イエスは「山上の説教」において、「幸いである」との祝福の言葉に続いて、「あなたがたは地の塩である」、「あなたがたは世の光である」と言われました。「地の塩」「世の光」は、この地、この世にとって、無くてはならない貴重な存在です。弟子たちは無力な少数者であっても、「世のための存在として」主によって選ばれ、尊い存在意義を与えられているのです。彼ら自身が塩味を持ち、光を放つわけではありませんが、主イエスご自身が弟子たちと共にいて、塩味を与え、光を照らして下さることによって、役割を果たし得るのです。それは一方的な主の恵みに他なりません。戦時下において日本の教会は、天皇を神とする国体に呑み込まれ、戦争に協力する罪を犯しました。主の恵みと力に信頼するよりも、この世の力に圧倒され、この地の流れに身を任せてしまったのです。それ故に日本基督教団は、「世の光・地の塩である教会は、あの戦争に同調すべきではありませんでした。…キリスト者の良心的判断によって、祖国の歩みに対して正しい判断をなすべきでありました」との「戦責告白」をもって、明日に向かっての決意を新たに...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.