所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
唯一の神
2019.09.15説教:最上 光宏 牧師
コリントの信徒への手紙(1)8:1-6
偶像に供えられた肉を食べてもよいかどうか? コリントの教会の中で問題になったこの問い対して、パウロは食べても食べなくても自由であると答えています。パウロはその論拠として、「世の中に偶像の神などはなく、また、唯一の神以外にいかなる神もいない」と述べています。これは、十戒の第一戒の「神以外のいかなるもの(偶像)をも神としてはならない」という戒めに基づくものです。彼はその信仰に立って「万物は、唯一の主イエス・キリストによって存在し、わたしたちもこの主によって存在しているのです」と告白しています。ここにわたしたちの自由の根拠があります。キリストによって解放された私たちは、何者をも恐れず、また何事にもとらわれず、自由に大胆に生きることができるのです。何を食べても、食べなくても自由なのです。しかしパウロはそのように答えつつ、もしその肉を食べることが、弱い兄弟をつまずかせることになるなら、「わたしは今後決して肉を口にしません」(13)と言い切っています。真の自由は、他者への愛の故に自己を抑制し、相手に仕える自由となるのです。神ならぬ神々が祀られ、人間...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.