所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
悲しみが喜びに変わる時 (召天者記念礼拝) 
2016.11.06説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書16:16-24
 愛する者の死は、だれにとっても辛く寂しいことです。時の経過は、ある程度心の傷を癒してくれますが、時と共に喪失感が深まることもあります。イエスさまは、弟子たちとの訣別の言葉の中で、「しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる」と言われました。この言葉は、弟子たちの間でも反復され、ここに4度も繰り返し記されています。弟子たちには、この言葉の意味が理解できなかったのです。否、理解しようとしなかったのです。だれにとっても、愛する者との死別は認めたくない厳しい現実です。けれどもそれは永遠の悲しみではありません。「しばらくすると」また会えるというのです。主イエスは、この数時間後に逮捕され翌朝には十字架にはりつけにされましたが、その3日目には、復活して弟子たちにご自身を現されたのです。「あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる」と主イエスが言われた通りです。愛する者を失った悲しみが癒される時は、その亡くなった人が、何らかの形で今も生きていることを悟ったときです。弟子たちは復活の...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.