所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス


どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
マリアの賛歌
2017.12.17説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書1:39-56

受胎告知を受けたマリアは、直ちに親戚のエリサベトを訪ねました。み使いに「お言葉どおりこの身になりますように」と答えたものの、恐れと不安で心が一杯だったからです。一方エリサベトも高齢の身で妊娠6ヶ月を迎え、やはり恐れと不安に満たされ家に引きこもっていました。イエスの母となる乙女と洗礼者ヨハネの母となる老女の不思議な出会いです。二人は年齢も身分も立場も全く違いますが、共に神から選ばれ、神に仕える者とされている点で共通していました。また大きな希望と共に、恐れと不安を共有していました。それだけに二人は、共に手を取り合って喜び、祝福し合ったのです。バルトは「そこに教会が存在する」と述べています。それぞれ立場の異なる者が、神の言葉による希望によって一つとされているからです。マリアはこの主にある出会いと励ましによって、大きな喜びに満たされて、高らかに神を賛美したのです。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます…」と。この「あがめる」という言葉はギリシャ語で「大きくする」という意味です。いと小さき「主のはしため」に...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.