所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
不正の中の真実
2019.02.03説教:最上 光宏 牧師
ルカによる福音書16:19-30
今、国会で厚生労働省の不正データーが問題になっています。今の政府には嘘や偽り、隠蔽や改ざんなど不正が多すぎます。主イエスは、不正を働いた管理人を主人が褒めたという譬えを語っています。その管理人は、主人から油100バトス借りている者の借用証書を50バトスに書き換えさせ、小麦100コロス借りている者の証書を80コロスに書き換えさせるなどの不正を働いたのです。ところが主人は、この管理人の抜け目ないやり方を褒めたというのです。不正は不正なのですが、この管理人は不正な富で友達を作ったからです。大きな借財を担った小作人たちにとって、その借財は大変な重荷でした。その一部でも免除されたということは、どれほど大きな恩恵であったか分かりません。管理人は友達を作ることによって、解雇された後「永遠の住まいに迎えてもらえる」備えをしたのです。彼の不正は、借財に苦しむ貧しい人々と連帯し、彼らの重荷を共に担おうとする動機によるものでした。それは政治家の不正とは違い、神の真実に根ざしたものでした。 主イエスは、常に貧しい者、「罪人」と呼ばれ蔑まれていた人々の友となられ、病人や心...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.