所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
キリストによる豊かさ (クリスマス) 
2016.12.25説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙?8:1-9
 イエス・キリストは貧しい飼い葉おけの中にお生まれになりました。飼い葉おけの貧しさは、神の御子の降誕とその生涯、ことにその十字架の死を象徴するものでした。パウロは「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです」と述べています。「主の豊かさ」とは、神の御子としての豊かさでした。フィリピの信徒への手紙では「キリストは神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。…へりくだって…十字架の死に至るまで従順でした」(2:6-8)と述べられています。このキリストのへりくだりと貧しさは、私たちを豊かにするためでした。神の御子であるキリストは、私たちの貧しさ、罪とさまざまな苦難を一身に担われ、私たちに代わって十字架の生涯を歩まれたのです。私たちは、このキリストの貧しさによって、豊かにされた者なのです。その豊かさとは、世の金持ちのようにではなく、へりくだって他者を受け入れ、隣人に...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.