所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
公然と話す
2017.01.29説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書18:12-14、19−24
 イエスさまの逮捕には、ユダヤ人だけではなくローマの千人隊長も加わっていました。イエス一人を捕らえるのに、武装した千人もの兵士たちが動員されたことになります。権力の座にある者は、常に民衆を恐れ、力で威圧しようとします。イエスさまはこのような武力と数の暴力に、たじろぐことなく自ら名乗り出て、捕らえられ、縛られて大祭司の官邸に連行されたのです。大祭司アンナスの尋問に、「わたしは、世に向かって公然と話した。…なぜわたしを尋問するのか」と逆に問いかけています。ここに主イエスの、何者をも恐れない自由さがあります。「公然と」とは、大胆にとか、自由にという意味です。語るべきことはすべて隠しだてなく語ってきた。「今さら何を聞きたいのか」という問いです。こうした大胆で自由な生き方が、権力を傘に生きている者にとっては、まぶしく気に入らないのです。祭司の下役が「そんな返事の仕方があるか」と平手で打ったのですが、イエスはそれに対しても公然と抗議をしています。主イエスの大胆で自由な生き方は、現代の重苦しい「捕囚の時代」に生きる私たちに、...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.