所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
イエスは生きておられる
2019.04.21説教:最上 光宏 牧師
ルカによる福音書24:13-35
週の初めの日の夕方、エマオへの道を下る二人の旅人がいました。彼らは、主イエスに従った無名の弟子たちでしたが、主イエスが十字架に架けられ殺されたことにショックを受け、深い悲しみと失意を抱えて、郷里への道をたどったのです。その朝早く、女の弟子たちがイエスの墓を訪れ、墓が空であったことを耳にしながら、彼らは何の関心も示さず、重い足取りで逃避の道を下って行ったのです。なにもかも信じられない思いだったのです。そこに一人の旅人が近づき、声をかけ、共に歩まれたのです。それが復活された主イエスでした。憂いで心が塞がれていた彼らに、それがイエスであることが分からなかったのです。しかし、主イエスが聖書を通してみ言葉を解き明かした時、彼らの心は燃えたのです。また、エマオで食事の時、パンを裂き感謝の祈りを捧げ、それを彼らに渡されたとき、彼らの心は開かれ、主イエスであること気付いたのです。 イエスの復活という出来事は、私たちにも分り難いことです。ことに様々な憂いや悲しみ、様々な思い煩いの中にあるとき、心が閉ざされて、神さまのことが分からなくなることがあります。し...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.