所沢みくに教会
みくに教会教会の歴史牧師紹介教会ってどんなとこキリスト教ってなに?子供たちの集まり定例集会アクセス

どなたでもお気軽にお越しください。牧師とお話を希望される方は、ご遠慮なく、お電話で在宅を確かめてからおいで下さい。歓迎いたします。
主日礼拝毎週日曜日 午前10:30
夕礼拝毎月第4日曜日 午後7:30
こどもの教会
(幼稚科・小学科と中学科)
毎週日曜日9:30
聖書を学び祈る会毎週木曜日 午前10:30
ハイデルベルク信仰問答第5木曜日 午前10:30
オリーブの会(婦人)第3日曜日 午後1:00
ヨルダン会(壮年)随時
ノアの会随時
ティーアワー第2土曜日 午後2:00
愛餐会毎週日曜日礼拝後会費:200円
(子供とお客様は無料)
幼児と母親の集い第2・第4火曜日 午前9:30
あの方は復活なさった
2018.04.01説教:最上 光宏 牧師
ルカによる福音書24:1-12
主イエスの復活を最初に宣べ伝えたのは、使徒たちではなく、マグダラのマリアたち数名の婦人たちでした。主イエスの十字架の死を最後まで見届け、遺体の埋葬にまで立ち会った彼女たちは、安息日の明けるのを待って、日曜日の朝早く香油を携えて主の墓を訪ねたのです。そこで彼女たちは驚くべき光景を目撃しました。墓は空で、天使から「なぜ生きている方を死者の中に捜すのか。あの方はここはおられない。復活されたのだ」と聞かされたのです。彼女たちの深い悲しみは大きな喜びに変えられ、墓を後にして弟子たちと他の皆に「主は甦られました」と伝えたのです。しかし使徒たちはそれを「たわ言のように思い、信じなかった」のです。この使徒たちの不信仰は、どこからきているのでしょうか。一つの理由は、自分たちの保身のために、主イエスの苦難と死から遠ざかったことです。第二の理由は、復活の証言が「女」たちによって伝えられたことです。彼らは当時の男尊女卑の風習から自由になれなかったようです。第三に考えられることは、マグダラのマリアの過去に対するこだわりです。彼らは自分の罪を棚に上げて、七つの悪霊...

 続きを読む。(過去の説教もこちらです。)

®copyright 2013 所沢みくに教会 All Rights Reserved.