毎週の説教メッセージ

off <主イエスの 十字架上の七言>

tokorozawa-mikuni to 未分類  

1,「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」

     (ルカによる福音書23:34)

2.「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」

     (ルカによる福音書23:43)

3.「婦人よ、ご覧なさい。あなたの子です。」「見なさい。あなたの母です。」

     (ヨハネによる福音書19:26,27)

4.「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか。」

     (マタイによる福音書27:46、マルコによる福音書15:34)

5.「渇く。」

     (ヨハネによる福音書19:28)

 6.「成し遂げられた。」

     (ヨハネによる福音書19:30)

 7.「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます。」

     (ルカによる福音書23:46)

off 神にゆだねよ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:小倉 和三郎 教師
ペトロの手紙一5:6~11

使徒ペトロは諸教会への手紙の末尾で「信仰にしっかり踏みとどまって悪魔に抵抗しなさい」と励ましています。悪魔とは、紀元1世紀末に諸教会を弾圧し始めていたローマ帝国を暗示しています。当時の信者たちは、キリストの愛の力に信頼して250年にも及ぶ激しい迫害を何世代にも亘って耐え抜きました。今の私たちは、この信仰による抵抗の歴史を忘れてはなりません。
信仰に基づく抵抗の特徴は、迫害の力に耐えながら、その人たちを憎まず、愛することです。M.Lキング牧師は迫害する相手に向かって「我々を打ち叩き半殺しにしてもなお、我々はあなたがたを愛するだろう。それによって自由を勝ち取るだけでなく、あなたがたとの和解にいたるであろう。」と語りました。
ペトロはさらに「思い煩いは何もかも神にお任せしなさい」と勧めています。試練に会って思い煩わない人はいません。聖書は「思い煩いやめよ」とは語りません。思い煩いの独特な所は自分独りで苦しむことです。しかし聖書は「思い煩いを何もかも神にお任せしまさい」と勧めています。キリストが私たちの思い煩いを背負い、一緒に苦しんでくださるからです。私たちは試練の時こそキリストの力に信頼して何もかも神の御手にゆだねましょう。

off 十字架上の王・イエス

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書19:16b-22

 イエスさまが架けられた十字架の上には、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書かれた罪状書きが掛けられました。ピラト自らヘブライ語、ラテン語、ギリシァ語の三ヶ国語で書いたのです。これは、ユダヤ人、ローマ人、その他の異邦人、つまり世界のすべての人にイエスの罪状を示すためでした。イエスの十字架を描いた絵画に<I.N.R.I>と罪状書きが付けられているのは、ラテン語の標記の頭文字です。祭司長たちはこの標記に不服を申し立て、「ユダヤ人の王と自称した」と書き直すよう要求しましたが、ピラトは「わたしが書いたままにしておけ」と拒否しました。これまでイエスの無罪を確信しながら、祭司長や「イエスを殺せ」と叫ぶユダヤ人たちの声に押し切られ、イエスを十字架につけるために引き渡したピラトでしたが、ここでは頑として自分の主張を通したのです。十字架を負うイエスの毅然とした姿に心うたれ、「真理とは何か」と問いつつ真理にそむいた自らの過ちを悔いたのかもしれません。いずれにしても、ピラトは十字架のイエスの中に、王としての権威を認めざるを得なかったのです。イエスは祭司としての役割、預言者としての役割と共に、王としての権能をもっているのです。十字架に死んで甦らされた主イエスは、この世の王の王として、支配しておられるのです。

off 優柔不断の罪

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書18:38b-19:16

 イエスを尋問したピラトは、「わたしはあの男に何の罪も見出せない」と告白しています。にもかかわらず、彼は直ちにイエスを釈放しようとはせずに、過越祭の恩赦としてイエスを釈放してはどうかと提案します。祭司長やユダヤ人たちの機嫌をとるためです。しかしこの提案は裏目に出てしまいます。ユダヤ人たちが「その男ではなくバラバを赦せ」と訴え出したのです。そこでピラトはイエスを鞭で打たせ、茨の冠と紫のマントを着させて侮辱を加えた上で、「見よ、この男だ」とみんなの前に引き出します。こんな無力な惨めな男をどうするつもりか、と問うたのです。それに対してユダヤ人たちは「十字架につけろ」と叫んだのです。ピラトは何度もイエスとユダヤ人たちとの間を行き来して、その度にイエスに無罪を確認しますが、結局、「イエスを殺せ」との心無い人々の声に押し切られて、イエスを十字架に引き渡してしまったのです。ピラトの過ちは、「真理とは何か」と問いつつ、真理を真理として尊ばず、真理に背を向けていることによるものです。これは政治家の常ですが、私たちも真理に従わないとき、ひとを恐れ、周囲の状況に流され、自分自身を見失ってしまいます。このような優柔不断な私たちの弱さと罪を担って、主イエスは十字架に架かられたのです。

off 真理とは何か

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

マタイによる福音書18:28-38

「真理とは何か」この問いは、ローマの総督ピラトがイエスを尋問した際に問うた問いです。これはイエスが「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのために世に来た」と語られた言葉に対する問いかけでした。ピラトにとっての真理は、ローマ帝国のさらなる繁栄であり、自分の富みや名声がいつまでも保たれることでしかなかったのです。彼はイエスの語られる真理に謙虚に耳を傾けようとせず、真理に従うことを拒んだのです。その結果、罪のない主イエスを十字架に磔にしてしまう大きな過ちを犯すに至ったのです。使徒信条の中に「おとめマリアより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け、死にて葬られ…」と、主イエスの誕生と死についてうたわれていますが、マリアは「お言葉通りこの身になりますように」と真理に従い、ピラトは「真理とは何か」と問いつつ真理に背を向けました。前者がイエスの生に関わり、後者がその死に関わっていることは暗示深いことです。イエスは「わたしは道であり、真理であり、命である」(14:6)と言われ、「真理は自由を得させる」(8:32)とも語られました。主イエスの十字架の死と復活の中にこそ、まことの真理があり、自由があるのです。主イエスは十字架の死と復活を通して、「真理」を証しされました。主の真理に従って、真実な歩みを続けたいものです。

off キリストの羊の群れとして

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:小倉 和三郎 教師

ペトロの手紙一5:1-5

今朝の聖書のお言葉は、教会を神の羊の群れに譬えています。つまり良い羊飼であるキリストに愛され守られている群れが教会に連なる私たちです。良い羊飼とは自分の羊の群れを宝物のように大切にし、羊のためなら自分の命を捨てるほど愛しているキリストご自身です。ですから羊たちは危険が迫っても、羊飼に命をあずけているので平安です。教会の私たちも全く同じです。しかし私たち人間は羊より賢いとうぬぼれ、自立して生きようとします。また自分の知識や能力や社会的な地位に頼るために、羊にように自分の命をまるごとキリストに預けようとしません。片足で神に頼り、片足で自分とこの世の力に頼りがちです。そうではなく、私たちも羊に倣って両足でキリストに信頼し従う者でありたいものです。

使徒ペトロは、教会員の中から長老職に選ばれた人(当教会では役員)に対し羊飼いに倣って教会員を支え、教会の中でまた日常生活において群れの模範となるよう命じています。そのために必要なことは謙遜です。主であるキリストが弟子たちの足を洗って僕(しもべ)になって下さったように、長老は教会員に仕える役目を命じられています。教会員は長老の姿を模範として倣うことによって、やがて自分も長老の役目を担う者になるよう、キリストから期待されています。

off 真実を語る勇気

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書18:15-18,25-27

 ヨハネ福音書は、イエスの大祭司のもとでの尋問の記事とペトロのイエス否認の記事とを交互に組み合わせて描いています。そのことにより、「公然と話す」イエスの姿と真実を隠蔽するペトロとが印象深く対比されて描かれています。イエスへの問いが権威ある大祭司による公式の尋問であるのに対して、ペトロへの問いは、中庭で焚き火をしていた女中や下男たちの日常的な対話の中での質問でした。「あなたもあの人の弟子ではありませんか」との問いに、「違う」と応えた一言が、二度三度の嘘となり、ついに鶏が鳴き「鶏が鳴く前に三度わたしを知らないと言うだろう」と言われたイエスの言葉通りになってしまったのです。ペトロは初めからイエスを否認する意図はなく、主のために命を投げ出す覚悟までしていました。しかし、あまりにも日常的な焚き火でのおしゃべりと、たかが女中の問いという気の緩みが、主イエスとの関係を拒否する結果になってしまったのです。鶏が鳴いたのは、「目を覚ませ!」との警告でもあったのです。日常的な気のゆるみの中にこそ、主との関係を否む危険性があるのです。O.ブルーダーの「嵐の中の教会」は、ヒットラー台頭時のドイツのある小さな教会の物語ですが、時の徴を見極め、常に主イエス・キリストの光を高く掲げよと呼びかけています。

off 公然と話す

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書18:12-14、19-24

 イエスさまの逮捕には、ユダヤ人だけではなくローマの千人隊長も加わっていました。イエス一人を捕らえるのに、武装した千人もの兵士たちが動員されたことになります。権力の座にある者は、常に民衆を恐れ、力で威圧しようとします。イエスさまはこのような武力と数の暴力に、たじろぐことなく自ら名乗り出て、捕らえられ、縛られて大祭司の官邸に連行されたのです。大祭司アンナスの尋問に、「わたしは、世に向かって公然と話した。…なぜわたしを尋問するのか」と逆に問いかけています。ここに主イエスの、何者をも恐れない自由さがあります。「公然と」とは、大胆にとか、自由にという意味です。語るべきことはすべて隠しだてなく語ってきた。「今さら何を聞きたいのか」という問いです。こうした大胆で自由な生き方が、権力を傘に生きている者にとっては、まぶしく気に入らないのです。祭司の下役が「そんな返事の仕方があるか」と平手で打ったのですが、イエスはそれに対しても公然と抗議をしています。主イエスの大胆で自由な生き方は、現代の重苦しい「捕囚の時代」に生きる私たちに、大きな慰めと生きる勇気を与えます。主イエスは自ら捕らわれ、縛られることによって、さまざまな拘束の中にある私たちの苦しみを担われ、自由と解放への道を示されたのです。

off 暗い谷間で

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ヨハネによる福音書18:1-11

主イエスと弟子たちは、最後の晩餐の後、「暗い谷」を意味するキドロンの谷へと向かいました。谷向こうの園で、ユダと彼に率いられた一隊の兵士たちと祭司長たちから遣わされた下役たちと出会うためです。彼らは手に武器と共に松明やともし火を持っていました。イエスの逮捕は、暗い夜の闇の中の出来事でした。イエス一人をとらえるために、ローマ軍一部隊の出動まで要請したということは、祭司長たちがいかにイエスを恐れていたかを示すものです。イエスは自ら進み出て、「誰を捜しているのか」と問い、「イエスを」の答えに「わたしである」と名乗り出たのです。この言葉に、捕らえに来た人々は、後ずさりして地に倒れたとあります。主イエスの権威に圧倒されたのです。祭司長の威厳やローマ軍の武力、捕らえに来た人々の数の力よりも、主イエスの権威がはるかに勝っていたのです。「闇は光に勝たなかった」のです。イエス一人前に出て、「この人々は去らせなさい」と語られたのは、弟子たちの一人をも失わないためでした。それにもかかわらず、ペトロは剣を抜いて大祭司の手下に切りかかり耳を切り落とすという暴挙に出ました。それは勇気からではなく恐怖心から出た挙動でした。「剣をさやに納めよ!」。主イエスは、武力に頼らず、主を信頼し、十字架を負って主に従うべきことを求められたのです。

off 苦闘と栄光への導き

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:小倉 和三郎 教師

ペテロの手紙(1)4:12-19

 第1世紀末、キリスト教の伝道が前進し、地中海沿岸のローマ帝国の支配地域に教会の数が増加していきました。当時のローマ皇帝はキリスト教の影響の強さを警戒し、教会を弾圧し始めました。その頃、使徒ペトロは諸教会宛の手紙を書き、その中で信仰を確かにし苦難に備えるよう励ました。ペトロは、キリスト者である故に受ける苦しみを、キリストの苦難にあずかることであると語りました。「あずかる」とはキリストと苦難を分かち合い共感することで、それによって喜びが大きくなる、と励ましています(13節)。私たちも友人と楽しみを分かち合うよりも苦しみを分かち合う方が、互いの結びつきが強まり信頼関係が増すものです。ましてキリストと苦しみを分かち合うことはキリストの愛と恵みの強さと有難さを体験を通して深く味わうことが出来ます。日本の教会も第2次世界大戦中、天皇制絶対主義の国家によって弾圧を受けました。長野県のホーリネス系の教会は、天皇を崇拝することを強要されましたが、牧師を初め教会員は、キリストのみを神として信じる信仰を貫きました。その結果、牧師は投獄され、教会堂と敷地を没収されました。しかし教会の群れは、キリストと苦しみを分かち合うことを喜び、迫害を耐え抜きました。