毎週の説教メッセージ

off 不正の中の真実

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書16:19-30

今、国会で厚生労働省の不正データーが問題になっています。今の政府には嘘や偽り、隠蔽や改ざんなど不正が多すぎます。主イエスは、不正を働いた管理人を主人が褒めたという譬えを語っています。その管理人は、主人から油100バトス借りている者の借用証書を50バトスに書き換えさせ、小麦100コロス借りている者の証書を80コロスに書き換えさせるなどの不正を働いたのです。ところが主人は、この管理人の抜け目ないやり方を褒めたというのです。不正は不正なのですが、この管理人は不正な富で友達を作ったからです。大きな借財を担った小作人たちにとって、その借財は大変な重荷でした。その一部でも免除されたということは、どれほど大きな恩恵であったか分かりません。管理人は友達を作ることによって、解雇された後「永遠の住まいに迎えてもらえる」備えをしたのです。彼の不正は、借財に苦しむ貧しい人々と連帯し、彼らの重荷を共に担おうとする動機によるものでした。それは政治家の不正とは違い、神の真実に根ざしたものでした。 主イエスは、常に貧しい者、「罪人」と呼ばれ蔑まれていた人々の友となられ、病人や心を病む人々の重荷を負われました。自分を裏切ったユダをも「友よ」と呼び、彼のためにも十字架に架かられました。主は私たちの罪を担うことによって、私たちを「友」として受け入れて下さったのです。私たちも「友なき者の友」となろう!

off 預言者を助けた貧しいシングルマザー

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:広瀬 香織 牧師(新居浜教会)

列王記上17:1-16

預言者エリヤの生きた時代は超暗黒の時代でした。北イスラエルの王であるアハブはイゼベル(その意味は「バアルが共にいます」)と結婚し、偶像礼拝を積極的に行い、その上イゼベルは主の預言者たちを次々と殺害していったのです。このような悪事への裁きとして「わたしが告げるまで、数年の間、露も降りず、雨も降らないであろう」という主の言葉がエリアに臨み、アハブにその言葉を告げたのです。雨が降らなければ、当然、作物も育ちません。これは主の裁きであると同時に、豊穣をもたらすというバアル信仰への挑戦状だったのです。しかし、これではエリア自身も飢えてしまいます。そこで神はケリト川の烏たちに命じて、朝夕パンと肉を運ばせるという形で彼を養わせます。次はサレプタのシングルマザーのもとに行けと命じ、貧しいシングルマザーを通して彼らを養って下さったのでした。烏もシングルマザーも頼りない存在です。しかし、神様は彼らを用いて、その背後に全地全能の神が生きて働いておられることを示すのです。「壺の粉は尽きることなく、瓶の油は無くならない」という奇跡を起こして彼らを養い続け、エリアもシングルマザーの親子も養われてゆきました。まことの神を信じる信仰がいかに真実であるか、偽りの神を信じる信仰がいかに虚しいものであるか。この物語を通して私たちは深く教えられます。どんな暗黒の時代であろうと、主は生きて働いておられるのです。そして主に従う民たちを主はどのような手段を用いてでも守り導いて下さるのです。
「何よりもまず、神の国と神の義を求める信仰」(マタイ6:33)をもって歩んで参りましょう!

off 失われた者

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書15:11-15

「放蕩息子のたとえ」の主人公は、彼の父親です。この父親には二人の息子がいて、その弟が父親から財産を譲り受けて、遠くに旅立ち放蕩に身をもち崩してしまったのです。豚の餌にさえ手を伸ばしたくなるような飢えと絶望感の中で、父を思い起こし、息子と呼ばれる資格はないが、下僕として雇ってもらおうと、帰途につくのです。父親は、そのような息子の帰りを待ちわびていて、走りよって抱き寄せ、最良の着物、指輪、履物を調え、肥えた子牛まで屠って迎えたのです。「死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかった」と喜ぶ父親の中に、比類なき神の愛を覚えます。 他方、兄は、弟の帰還に腹を立てて家に入ろうともしないのです。父親は出てきてなだめるのですが、「わたしは何年もお父さんに仕えてきたのに、子ヤギ一匹くれなかった。ところがあなたの息子が娼婦どもと一緒にあなたの身上をつぶして帰ってくると、肥えた子牛を屠って歓迎する」と不満を述べたのです。兄は弟ともに父の財産を譲り受け、父の元で十分に満ち足りた生活を送ってきたのです。彼の怒りは弟との比較による不満であり、嫉妬(ねたみ)によるものです。しかし、父なる神はこの二人を比較せず、同じように愛し、慈しみ「共に喜ぼう」と呼びかけているのです。たった一人の弟を受け入れられず、父の心を理解し得ない兄もまた、「失われた者」なのです。私たちは弟でありつつ、兄でもあるのです。

off 自分の道を進む

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書13:31-35

主イエスがエルサレムに向かう途上での出来事です。何人かのファリサイ派の人々が、主イエスに近寄り「ここを立ち去ってください。ヘロデがあなたを殺そうとしています」と忠告したのです。狡猾で残忍なヘロデのことですから、ありうることですが、イエスに立ち去って欲しいのは、ファリサイ派の人々自身の思いでもありました。主イエスは言われました。「行って、あの狐に『今日も明日も、悪霊を追い出し、病気を癒し、三日目にすべてを終える』と伝えなさい」と。「狐」とはヘロデだけではなく、善意を装ったファリサイ派の人々にも向けられた言葉です。主イエスの道を遮るのは、権力者だけではなく、権力を利用して自己主張する身近な人々でもあったのです。しかし、主イエスはそれらの圧力や妨害にも左右されず、これまで為して来た業を「今日も明日も」為し続け「三日目に終える」というのです。「三日目」とは、十字架の後の復活を意味する言葉です。主イエスの地上の業は、復活の勝利まで続くのです。それは、地上の何ものも阻止できない神のご計画でもあったのです。「わたしは今日も明日も、その次の日も、自分の道を進まねばならない」。私たちにも、それぞれに神から与えられた使命があるはずです。如何なる力によっても誘惑によっても曲げてはならない生き方があるのです。主に従って、今日も明日も次の日も、ただ神の栄光のために生きよう。

off 今年こそは

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書13:6-9

新しい年を迎えて、「今年こそは」と、新たな計画を立て、決意を新たにすることは大切なことです。しかし、それを貫くことは何と難しいことでしょう。来る年も来る年も同じことを繰り返してきたように思います。イエスさまの話された「実のならないいちじくの木」のたとえは、私たちのことのように思われます。ぶどう園の主人が、自分のぶどう園にいちじくの木を植えて、3年の間、実を探しに来たが、見つからなかったというのです。ぶどう園は、イスラエルの民にとって「乳と蜜の流れる」神の約束の地です。そこに野生の木である私たちが招かれ、移植されたのです。毎年、よい実を結ぶことが期待されたのです。しかし3年経ってもいっこうに実を結ばず、主人は園丁に切り倒すことを命じます。その時、園丁は「ご主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません」と懇願したのです。これは、イエス・キリストの執り成しです。主イエスは、園丁という僕となって、私たちに仕えて下さった上に、執り成してくださるのです。ここには「神の子」としての3年間の公の活動の末に、十字架に架かられるという主イエスの並々ならぬ決意が秘められているのです(「一粒の麦」として「死ねば多くの実を結ぶ」との)。今年こそ、主の恵みと愛に応えて良き実を結びたいものです。

off 小さな命の輝き

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

マタイによる福音書2:13-23

主イエスの誕生の直後、ベツレヘム周辺で大変な悲劇が起こりました。ヘロデ王の命令で、2歳以下の男の子が皆殺しにされたというのです。東の国の占星術の学者たちから、「新しい王」の誕生の知らせを受けた王は、自分の地位や立場が脅かされると思い、恐れと不安にかられたのです。罪のない幼児の虐殺ほど残酷なことはありません。主イエスは、そのような邪悪で悲惨なこの世のただ中に生を受けたのです。幸い幼子イエスは、天使のお告げによって、エジプトに逃れて無事でしたが、多くの幼児が犠牲になったことは、痛ましい限りです。ボンヘッファーは「イエスが死を免れたのは、ただの後の日のあの十字架の出来事のためだけであった」と述べ、「殺された幼子たちは、キリストのための最初の殉教者となった」と説いています。主イエスにとってもこの出来事は、常に心を痛めていたことであったに違いありません。いつも幼子を受け入れ、「だれても幼子のようにならなければ、神の国に入ることはできない」と言い、「いと小さき者にしたのは、わたしにしたのだ」と語られました。主イエスは十字架の道を歩むことによって、この世の「いと小さき者」に仕え、死と復活を通して「王の王、主の主」として、闇の世に光をともされたのです。「悲しむ人々は幸いである」。

off へりくだる神 (クリスマス)

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

フィリピの信徒への手紙2:1-11

フィリピの信徒への手紙の2章6節-11節は、「キリスト賛歌」と呼ばれ、初代教会で歌われていた讃美歌とされています。この賛歌の前半は、キリストの降誕を歌ったものです。「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分となり、人間と同じ者になりました…」と。クリスマスの喜びは、神が人となってこの世に来られたことによるものです。私たち人間が、あまりにも遠く神から離れ、神の声を聞くことが出来なくなったために、神自ら人となってこの世に来られ、私たちの罪を担い、私たちのあらゆる苦しみを背負ってくださったのです。飼い葉桶に宿られた御子の貧しさは、私たちの貧しさに対する神の連帯であり、十字架の死を象徴するものでした。この御子の「へりくだり」の故に神は、彼を「高く引き上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになった」のです。私たちが「イエスを主」と告白して、神を賛美するのはそのためなのです。パウロはこの讃美歌を引用することによって、互いにへりくだって、仕えあうべきだと諭しているのです。クリスマスを祝うことは、互いに主をあがめ、へりくだって仕え合うことなのです。

off 狼の中に宿る小羊

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

イザヤ書11:1-10

 イザヤ書には「メシア預言」呼ばれる箇所が三つあります。7:14,9:511:1です。前の2か所には「ひとりの男の子が産まれた」という表現で、救い主の誕生が予告されていますが、11章では「エッサイの株からひとつの芽が萌えいで…」と描かれています。エッサイとはダビデ王の父親の名前で、その切り株はダビデ王家の滅亡を意味します。大国アッシリアの滅亡と共に、その属国のユダも、神に依り頼まず大国の軍事力や偶像に依存したため、切り倒されたのです(10:30)。しかし、その切り株から一つの芽が萌えいで、若枝が成長し、その上に主の霊が留まるというのです。イザヤはこのような表現で、王国の滅亡とやがてダビデの末から救い主が産まれることを預言し、この救い主の到来によって、正義と真実が貫かれ、弱い人や貧しい人が顧みられると語ったのです。さらに神の支配は全被造物に及び、「狼は小羊と共に宿り、豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子とともに育ち、小さい子供がそれらを導く…」と詩ったのです。「弱肉強食」の世が正され、神の支配(神の国)が実現することを告げたのです。イエス・キリストは、そのために神の小羊として、この世に来られ「狼」の群れの中に宿られたのです。

off 平和の君の到来

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

イザヤ書9:1-6

救い主(メシア)の到来は、730年も前からイザヤによって預言されていたことでした。当時イスラエルは北と南に分裂し争ったため、アッシリア大国に支配され、重い強制労働と多額の貢ぎ物を課せられ喘いでいました。そのような中でイザヤは「闇の中を歩む民は光を見、死の陰の地に住む者の上に光が輝いた」と語ったのです。それは、武力による圧政と、強制的な労働からの解放を意味する預言でした。そのしるしとして「ひとりのみどりごが私たちのために生まれた」と述べられているのです。これは、将来必ず救い主が来るという預言です。「その名は『驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君』と唱えられる」と説明されています。「驚くべき指導者」はメサイアのハレルヤコーラスで「ワンダフル・カゥンセラー」と歌われるように、権力をもって支配する指導者ではなく、カゥンセラーのように相手の言葉に耳を傾け、相手を受け入れる「仕え人」です。力ある神、永遠の父から遣わされる権威ある方でありつつ、私たちのカゥンセラーとして、仕えるためにこの世に来られるというのです。貧しい飼い葉おけの中にお生まれになった「みどりご」こそ、イザヤの預言した救い主に他なりません。主イエスは、まさに平和を造り出すためにこの世に来られ、十字架への道を歩まれたのです。来たりませ「平和の君」!

off 主を待ち望め

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

詩編130:1-6

 今日からアドベントです。「アドベント」は「来る」という意味のラテン語で、キリストの来臨を意味する言葉です。クリスマスまでのこの期間、来臨の主を心から待ち望み、お迎えしたいものです。詩編130篇は、深い淵の底から、主を待ち望んでいる歌です。「深い淵」とは死者の赴く黄泉の世界を現わす言葉です。いわば「地獄の底からの叫び」です。戦渦の中の叫びかもしれません。重い病の中からの呻きかも知れません。しかしこの詩人は絶望しているのではありません。主なる神を待ち望み、そこに唯一の慰めと希望を見出し、「わたしは主に望みをおき…わたしの魂は主を待ち望みます」と歌うのです。「見張りが朝を待つにもまして」と。深夜、敵の襲来から町を守のために、命懸けで城壁に立ち続ける「見張り」にとって、朝の到来ほど待たれるものはありません。詩人はそれ以上の切実さをもって、救い主の到来を待ち望むのです。このような長い間の待望と祈りの末に、イエス・キリストが到来したのです。ボンヘッファーは、ヒットラー政権下の暗い閉塞された状況をその頃起こった炭坑の落盤事故に喩えて、「暗闇の中に閉じ込められた坑夫たちのもとに救助隊の槌音が聞こえる。これがアドベントだ」と語りました。主は深い淵の底から私たちを解放するために、地の底にまで来てくださったのです。