毎週の説教メッセージ

off 権利と自由

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙①9:1-18

キリスト教の迫害者であったパウロが、復活のキリストと出会って、伝道者になったことは、各地で波紋を呼びおこしました。パウロを「使徒」として受け入れることに批判的な人々の中には、彼が使徒としての権威に欠けていると悪口を言う人たちがいたようです。彼が飲み食いを控え、妻をめとらないこと、生活のために仕事(天幕造り)をしていることなどが、批判の対象になったようです。それらは、偶像に供えた肉を問題にする人をつまずかせないための配慮や、厳しい伝道に専念するための自制、また貧しい信徒たちに経済的負担をかけないための努力であったのです。心ない批判は、どんなにパウロの心を傷つけたことでしょう。彼は、自由と権利を持ちつつ、あえてそれを自分のために「用いず、利用しない」と言い切っているのです。自由を自ら規制する自由、権利を自ら用いない権利があるのです。それは、単なる我慢ではありません。他者への愛と、福音に生きる喜びの故です。パウロにとって、福音を語ることが喜びであり、福音を無償で伝えることで、十分な報酬を得ている、と言うのです。私たちは、ここに自分の権威に固執せず、一切の権利を捨てて、十字架への道を歩まれた主イエス・キリストの生き方を示されます。私たちも自分の権利と自由のみを主張するのではなく、神といと小さき者のために、自由な喜びをもって仕える者になりたいと願います。キリストの心を心として。

off 唯一の神

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙(1)8:1-6

偶像に供えられた肉を食べてもよいかどうか? コリントの教会の中で問題になったこの問い対して、パウロは食べても食べなくても自由であると答えています。パウロはその論拠として、「世の中に偶像の神などはなく、また、唯一の神以外にいかなる神もいない」と述べています。これは、十戒の第一戒の「神以外のいかなるもの(偶像)をも神としてはならない」という戒めに基づくものです。彼はその信仰に立って「万物は、唯一の主イエス・キリストによって存在し、わたしたちもこの主によって存在しているのです」と告白しています。ここにわたしたちの自由の根拠があります。キリストによって解放された私たちは、何者をも恐れず、また何事にもとらわれず、自由に大胆に生きることができるのです。何を食べても、食べなくても自由なのです。しかしパウロはそのように答えつつ、もしその肉を食べることが、弱い兄弟をつまずかせることになるなら、「わたしは今後決して肉を口にしません」(13)と言い切っています。真の自由は、他者への愛の故に自己を抑制し、相手に仕える自由となるのです。神ならぬ神々が祀られ、人間が神格化され、資本や金、権力や名声などが絶対化される今日の日本の社会の中で、私たちは、主イエス・キリストを通して示された唯一の神のみを神としてあがめ、愛をもって自由に他者に仕える歩みを大胆に貫き通したいものです。

off キリストによる自由

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙①7:17-24

パウロはここで、3度も繰り返して「召されたときの身分のままでいなさい」と勧めています。割礼を受けている者はその跡をなくそうとせず、受けていない者は受けようとせず、奴隷であったものも奴隷のまま、自由な身分の者もそのままでよいというのです。これをパウロの保守主義と見る人もいますが、彼は単に現状維持をとなえているのではありません。「古いものを脱ぎ捨て、新しく生まれる」ことこそ、パウロの願いです。「そのままの身分でよい」とは、コリントの教会の中に、ユダヤ人と異邦人、奴隷と自由人の身分の違いによる差別や対立があり、強い立場の者が傲慢に振舞い、弱い立場の者が自らを卑下し、強く見せかけようとする不自由さがあったためと思われます。パウロは「召されたときのままでいなさい」と繰り返すことによって、< 神さまはあるがままのあなたを愛し、召し(選び)、救って下さったのだ。そのままでよいのだ >と、まず、神から愛されている自分自身を受け容れることを勧めているのです。「あなたがたは身代金を払って買い取られたのです。人の奴隷になってはなりません」と。奴隷も自由人も、ユダヤ人もギリシャ人も、皆、イエス・キリストがご自分の命を犠牲にして買い取られた自由なキリストの僕(しもべ)なのです。互いに、身分や立場の違いを越えて、自由な愛をもって和解し合い、共に主の召しに応えて歩もうと訴えているのです。

off 自分の体で神の栄光を

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上  光宏牧師
コリントの信徒への手紙①7:17-24
「わたしには、すべてのことが許されている」。ここで2度繰り返されているこの言葉は、コリントの人たちが口癖のように語っていた言葉です。彼らはこの言葉で、自由を謳歌し、享楽的な生活を楽しんでいたのです。それに対してパウロは「しかし、すべてのことが益となるわけではない」、「しかし、わたしは何事にも支配されはしない」と語ります。人間の欲望は、自然を破壊し、貧しい人々を窮地に追いやり、自分の身をも破滅に導きます。それは自由に振舞っているようでも、肉欲に縛られ、罪に支配されている状態です。このような自由のはき違えは、極めて今日的な課題です。イエス・キリストがこの世に来られ、十字架に架かられたのは、このような肉欲と罪の奴隷状態から私たちを解放するためです。パウロは、コリントの信徒に「あなたがたは代価を払って買い取られた」キリストの僕であり、「キリストの体の一部である」であることを強調し、自由の名のもとに、自分の身を汚してはならない、「自分の体で神の栄光を現わしなさい」と訴えたのです。私たちは、この世にあって、この世のものではなく、キリストによって贖われた「キリストのもの」です。この世の流れに流されず、「地の塩」「世の光」としての役割を果たしていく者でありたいと願います。

off 召しにふさわしく歩む

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:高桑 義雄 教師
フェソの信徒への手紙4:1-6
私達の信仰生活とは「招き(召し)」にふさわしく歩むことであって、そこには招く方である神と、招きに応じる者である私達人間があります。神が私達を招く目的は、人間を御国の民としてキリストの教会に加えることであり、私達は神によって召し集められて教会に集っている者達です。
招かれた者である私達は、神が造り主であることを覚えることが大切です。私達は神によって造られた者であり、神の支配下に置かれています。このことを知るならば、私達は高ぶることなどできません。神の愛にふれ、互いに許し合い、耐え忍ぶとき、私達の心に平和が与えられます。この平和こそが教会の一致の基礎となるのです。教会の一致は霊による一致とも言われており、教会に一致をもたらす聖霊の力を私達は熱心に求め続けることを勧められています。なぜなら一致は熱心に求めないことには、決して与えられないものだからです。
私達は神によって召し出され、教会の一員となりました。この神の招きに応じて一致した教会を築き上げていくことこそ、召しにふさわしく歩むということです。私達は聖霊の力を熱心に求め続け、高ぶることなく、柔和、寛容、忍耐を行う教会として、共に一致して歩んでいきたいと思います。

off 早く和解しなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上  光宏牧師
マタイによる福音書5:21-26
「十戒」の中の第六戒「殺すな」との戒めは、人間関係の最も基本的な戒めです。この戒めは、殺人を禁止した戒律としてしか理解されませんでしたが、主イエスは「兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」と、この戒めをさらに深め、徹底化させました。武器や凶器をもって暴力を振るうことは、勿論殺人につながりますが、言葉をもって「ばか」とか「愚か者」と相手を愚弄することも、相手を深く傷つけることです。さらに「黙殺」という言葉があるように、相手を無視して沈黙することも、相手を殺すことに通じるのです。私たちにとって「腹を立てる」ということは日常的なことですが、理性によらない感情的な怒りは、憎しみや敵意に発展し、殺意にすら及ぶことがあるのです。カインが弟アベルを殺害した動機は、ねたみと兄としてのメンツによるものでしたが、神は顔を伏せるカインに顔をあげるように命じ、「罪が戸口で待ち伏せしている。お前はそれを支配しなければならない」と警告しました。しかしカインは怒りを抑えられず、大事な弟を殺害してしまったのです。怒りを抑え、兄弟を赦し受け入れるためには、神に顔を向け、神の愛と赦しにあずかる以外にありません。神は私と兄弟のために御子をお与えになり、御子は私たちの罪のために十字架に架かり、神との和解を実現させてくれました。神との和解の恵みに応えて、国と国、人と人との和解と平和を生み出したいものです。

off 光を高くかかげよ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上  光宏 牧師

マタイによる福音書5:13-16

主イエスは「山上の説教」において、「幸いである」との祝福の言葉に続いて、「あなたがたは地の塩である」、「あなたがたは世の光である」と言われました。「地の塩」「世の光」は、この地、この世にとって、無くてはならない貴重な存在です。弟子たちは無力な少数者であっても、「世のための存在として」主によって選ばれ、尊い存在意義を与えられているのです。彼ら自身が塩味を持ち、光を放つわけではありませんが、主イエスご自身が弟子たちと共にいて、塩味を与え、光を照らして下さることによって、役割を果たし得るのです。それは一方的な主の恵みに他なりません。戦時下において日本の教会は、天皇を神とする国体に呑み込まれ、戦争に協力する罪を犯しました。主の恵みと力に信頼するよりも、この世の力に圧倒され、この地の流れに身を任せてしまったのです。それ故に日本基督教団は、「世の光・地の塩である教会は、あの戦争に同調すべきではありませんでした。…キリスト者の良心的判断によって、祖国の歩みに対して正しい判断をなすべきでありました」との「戦責告白」をもって、明日に向かっての決意を新たにする必要があったのです。「山の上にある町は隠れることが出来ない」と言われた主イエスの言葉は、「世の光」である主ご自身がこのような無力な群れをも見捨てずに、なお「世の光」として私たちを用いたもうという約束でもあります。

off 平和を実現する人 (平和聖日) 

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

マタイによる福音書5:1-12

日本の国が戦争に敗れて、74年目の八月を迎えました。この70余年間、この国が、戦争によって一人の戦死者を出すことも、一人の他国の人の命を奪うこともなかったのは「平和憲法」のお陰です。けれども今の政府は、憲法9条を変えて、いつでも戦争できる国に変えようとしています。唯一の原爆被爆国にもかかわらず、核兵器の軍縮に署名もせず、いたずらに近隣アジア諸国との緊張を高め、「経済戦争」を煽っている感じです。もはや平和な時代ではありません。そのような中で、「平和を実現する人々は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」との主イエスの言葉が心に迫ります。「平和」は、単に戦争のない状態ではありません。互いに相手を信頼し,尊重し,赦し愛し合う関係です。また「幸い」とは、単なる幸福(ハッピー)ではなく、神さまからの祝福を意味する言葉(Blessed)です。私たちはハッピーな生活を求めて、富みや力や名声を追及しますが、それが「幸い」をもたらすとは限りません。かつて日本の国は「富国強兵」の名のもとに経済的豊かさのみを求め、軍事力でアジアを支配し、世界に名を覇せようとしました。その結果があの悲惨な大戦です。主イエスは、自ら貧しくなり、私たちに仕え、十字架の死を通して「敵意という隔ての壁を滅ぼし」、神との和解と平和の道を備えられました。私たちは「平和を実現する神の子」として召されているのです。

off 神による管理人

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙(1)4:1-7

パウロは、自分たち「使徒」の務めについて、「キリストに仕える者、神の秘められた計画を委ねられた管理者と考えるべきです」と述べています。「仕える者」とは、ガレー船の船底で艪(ろ)を漕ぐ最下位の奴隷を意味する言葉です。彼はこの言葉で、「わたしはパウロにつく」、「わたしはアポロに」と使徒を巡って分争するコリントの信徒に、人を絶対化したり、比較して裁いたりすることを戒め、キリストに心を傾けるべきことを諭したのです。それと同時に、使徒の使命は、神の救いの計画の「管理者」として、福音を正しく伝えることであることをを示したのです。「管理者」は、家を守る僕「家令」を意味する言葉です。パウロは、このような言葉で、神さまの前に「使徒」も「信徒」もない。共にキリストに仕え、等しく福音を伝える使命を担っていることを示唆していると思われます。H.クレーマーは、「信徒の神学」の中で、牧師中心主義の弊害を指摘し、初代教会のように全ての信徒が「使徒」としての自覚をもって、この世に遣わされてキリストを証しするのでなければ、教会は死滅すると警鐘を鳴らしています。「管理者に要求されているのは忠実であることです」とパウロが述べているように、神の真実に対して真実をもって応えることが、私たちに求められています。人の目を気にして、評価や批判に一喜一憂するのでなく、神の前に真実に生きたいと願います。

off あなたは何もかもご存じです

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 教師(水海道教会)

ヨハネによる福音書21:15-19

私たちの人生には、思いもかけない、予期せぬことが起こることがあります。私は2015年3月軽い脳梗塞を発症し、私たち(水海道教会・二葉こども園)はその半年後の9月に「関東・東北豪雨」の水害被害に遭いました。人は、「まさか私(たち)が?」「どうして今?」と思います。この時の被災とその後の歩みを振り返る時、造られたものの弱さと破れを自覚させられたからこそ、その時を生きのびる(過ぎ越す)ことができたのではないかと思わされます。奥田知志牧師(「『助けて』と言える国へ」集英社新書 229頁)は、「この弱さの自己認証というものは、『敗北的に』なされなければならないと思う。敗北的というのは、自分が胸を張って選ぶというのではなく、もうせざるを得ないという状態で、いわば降参状態ですることである」と、述べています。嵐が吹き荒れるような被災・復興の体験を経て、私たちは、各々の命の営みを覚え、祈り合うことの大切さを、学びました。
今日の聖書のペトロと同様、私たちの全てを承知していてくださる方が、私たちを愛してくださっています。その方が、〔「信じるか」という問いかけではなく、〕イエス(神)を愛するか、羊(隣人)を〔愛し〕世話をしなさいと、招き呼びかけてくださいます。私たちも、私たちにとってなくてはならない、イエスの愛・関わり・不思議さを受けとめ、これからも共に歩んでいきたいと思います。