毎週の説教メッセージ

off 約束の子として

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙4:21-5:1

 アブラハムには二人の男の子がいました。一人は女奴隷ハガルとの間に生まれたイシュマエル、もう一人は正妻サラを通して与えられたイサクです。前者は、神の約束を待てずに、妻と相談の上で奴隷の女に産ませて得た「奴隷の子」であり、後者は、アブラハムが100歳になって神の約束によって与えられた「約束の子」です。 パウロは、律法の行いによって神の義を獲ようとする者を奴隷の子に喩え、イエス・キリストを信じる信仰により、神の恵みによって義と認められた者を「自由の子」に喩えて、両者の違いを説明するのです。どちらも「アブラハムの子」であることに違いはありません。しかし、両者とも「相続人」になるわけではありません。神の国を受け継ぐ者は、神の約束を待ち望む者です。救いは、自分の判断や計画・努力で勝ち取るものではありません。ただ神の恵みにより、信仰によって与えられるものです。主イエス・キリストの十字架の死と復活を信じ、神の国を待ち望む者こそが、神の約束を受け継ぐ自由な「霊の子」なのです。「この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷のくびきに二度とつながれてはなりません」(5:1)。常に、み言葉に固く立って、主に従いつつ、神の国を待ち望む者でありたいと願います。

off キリストが形づくられるまで

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテヤの信徒への手紙4:8-20

パウロは、ガラテヤの人々がキリストの福音からはずれ、「律法」の戒めに囚われていることに深く失望し、「なぜ、支配する諸霊の下に逆戻りし、もう一度奴隷として仕えようとするのか」(9)と問うています。キリストの十字架の贖いによって救われたパウロにとって、彼らの「逆戻り」現象は、キリストの死を無駄にするものであり、これまでの自分の労苦を空しくしてしまうことでした。彼は「途方に暮れ」ながら「語調を変えて話したい」(20)と訴えています。確かに、これまで激しい怒りをもって綴られてきたこの手紙の語調は、がらりと変わり、かつてパウロがガラテヤを訪ねた際、病いに苦しんでいた自分をどんなに手厚く介抱し、温かく受け入れてくれたか感謝し、そのときの主にある交わりの喜びと幸せを思い起こさせています。ここに、真理を語りつつも、自分の立場を絶対化せず、相手の立場を思いやり、愛をもって相手の立ち帰りを祈る牧会者パウロの姿を見る思いがします。対話において大切なことは、自分の正しさを押し通すことではなく、相手の立場に寄り添いつつ、相手の幸福(15)を祈ることです。「わたしの子供たち、キリストがあなたがたのうちに形作られるまで、わたしは、もう一度あなたがたを産もうと苦しんでいます」(19)。

off 神による相続人

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙4:1-7

 どこの国でも「未成年者」には、さまざまな制約があります。パウロの時代においても、相続人は、成人となるまで後見人や管理人の監督の下におかれました。未熟な若者を保護するためです。「律法」にはそのような意味がありました。しかし、時満ちて、神はその独り子を世にお遣わしになり、律法の拘束から私たちを解放してくださったのです。私たちはこのキリスト贖いの恵みによって、奴隷の子から、自由な神の子とされるのです。「あなたがたが子であることは、神が『アッバ父よ』と呼ぶ御子の霊を私たちの心に送ってくださった事実から分かります」(6節)。 神を「父よ」呼ぶことは自明のことではありません。神の御子イエス・キリストの恵みにあずかり、その霊(聖霊)によって可能になるのです。それが、私たちが成熟した大人となり、神の国の「相続人」となることなのです。主イエスの語られた「放蕩息子の喩え」(ルカ15章)は、相続人としての資格を放棄し、放蕩に身をもちくずした弟が、自らの罪を悔い改めて父のもとに立ち帰った話です。「父よ、わたしは息子と呼ばれる資格はありません」と告げる彼に、父親は彼を「わが子」として迎え、「死んでいたのに生き返ったのだ」と、怒る兄を説得し「相続人」として受け入れるのです。私たちも、主イエスを通して、いつでも「父よ」と呼んで、神の御許に立ち帰りたいものです。

off 信仰による神の子

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテヤの信徒への手紙 3:7 -14

 アブラハムは75歳で、親族や親しい者に別れを告げ、行き先も知らずに住み慣れた地を後にしました。高齢の身で、郷里を離れることがどんなに厳しいことであるか、私たちは原発事故で郷里に住めなくなった高齢者の苦悩から察することが出来ます。アブラハムにその決断を促したのは、「祝福の源となる」との神の声でした。その約束は「地上のすべての氏族」が祝福を得るためのものでした。高齢者の課題は後世に何を遺すか、ということです。アブラハムは「信仰によって義とされる」という生き方を遺し、そのことによって、「イスラエルの父」となりました。

 しかしパウロは、ユダヤ人だけが「アブラハムの子」ではなく、イエス・キリストを信じるものすべてが、アブラハムの祝福を受け継ぐ「神の子」だと主張したのです。イエス・キリストがすべての人の罪を担い、「信仰によって神に義とされる」道を開いたからです。アブラハムに示された神の約束は、イエス・キリストを通して実現し、すべての人がすでに祝福にあずかっているのです。神の救いのみ手は、全世界のすべての人に差し伸べられています。み子イエス・キリストの贖いの恵みによって、一人でも多くの人が「神の子」として、神の国を受け継ぐ者となるよう、祈りたいものです。私たちは子どもや孫、後の世に何を遺そうとしているのでしょう。

off 神の約束

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙3:15-20

 聖書の宗教は「約束の宗教」と云われます。聖書は「旧約聖書」と「新約聖書」から成り立っていますが、これは旧い約束の書、新しい約束の書の意味です。その約束の基が、アブラハムに対する神の約束です。「わたしはあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める。祝福の源となるように。…地上の氏族はすべてあなたによって祝福に入る」(創世記12:2-3)。イスラエルの民はこれを自分たちの民族に対する祝福として受け止めましたが、パウロは「すべての民」に対する祝福の約束として受け止め、この約束がイエス・キリストの到来によって確かなものとされたと説くのです。ことに主イエスの十字架の死は、私たちの受くべき呪いを主が代わって引き受けてくださったことによって、私たちの罪が赦され、信仰によって神から義と認められることを強調したのです。高齢になっても子が与えられずあきらめかけていたアブラハムに、神は、夜空に輝く星を数えてみよと命じ、あなたの子孫はあのようになると約束された時、アブラハムはそれを信じ、神に「義」と認められました(同15:9)。パウロは、これを論拠として、人は律法の行いによってではなく、信仰によって救われると説いたのです。私たちは、どんなに努力しても、自分で自分を救うことは出来ません。主イエス・キリストを通して、神の恵みによって救われるのです。

off 信仰による義

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテヤの信徒への手紙 3:7 -14

 夏休みが終わり、新学期の始まる今頃は、子どもたちの登校拒否や自殺率が最も高くなると言われます。自由な生活から拘束されることへの抵抗があるからです。集団生活に規律は必要ですが、規則に縛られ、「駄目だ、駄目だ」と言われるところに生きる喜びはありません。一人一人の人格が大切にされ、それぞれの個性が認められ、受け入れられるところに、人は自由な喜びをもって生きられるのです。

 パウロは、「律法によってはだれも神の御前で義とされないことは明らかです。なぜなら、『正しい者は信仰によって生きる』からです」と述べています。パウロ自身、かつて神の義を求めて、だれよりも熱心に律法を守り行うことに精進しました。しかしその結果、彼は律法を完全に守り得ない自らの弱さを自覚させられ、「なんと惨めな人間なのだろう」と嘆き(ローマ7:24)、「呪われるべき者」と悟ったのです。しかし、彼は復活のキリストとの出会いを通して、<イエスは私の呪いを引き受けて、私に代わって十字架にお架かりになった> ことに目が開かれたのです。それは、あるがままの自分が、神に赦され、「良し!」と認められ、受け入れられているという救いの発見でした。人は、律法の行いによって神に義とされるのではなく、ただキリストを信じる信仰によって、恵みによって義とされ、生き生きと生きるのです。

off 隅の親石キリスト

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:髙桑 義雄 教師

マタイによる福音書21章33~46節

主イエスのたとえ話しに出てくるぶどう園の主人は、収穫を受け取るために僕たちを農夫のところへ派遣しました。しかし農夫たちは、僕たちを袋叩きにして何も持たせずに帰したり、石で打ち殺したりしてしまいます。主人は自分の息子であればさすがに農夫たちから敬ってもらえるだろうと考えて息子を派遣しましたが、農夫達は相続財産を自分たちのものにしようと考えて、跡取りである息子も僕たちと同じように殺してしまいました。ここではぶどう園の主人が神、その息子が主イエス、農夫たちがユダヤ教の指導者にたとえて語られています。主イエスはユダヤ教の指導者たちに対して、ぶどう園の主人はこの農夫たちをどうするだろうか、と尋ねました。彼らは悪人である農夫を殺して、もっと適切な他の農夫にぶどう園をまかせるだろうと答えました。農夫たちは神のものを奪って自分こそが神になりかわろうとして、救い主である一人息子を殺すというとんでもない過ちを犯してしまったのです。

しかしこの殺されて捨てられた息子こそが、実は家を建てる時に欠かせない親石となったのです。これは主イエスが私たちの人生の全てを、隅の頭石となって支えて下さっていることを意味します。私たちはこの頭石によって、私たちの人生の全てが受けとめられ、支えられていることを覚えて歩んでいきたいものです。

off あれほどの体験をしたのに

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙3:1-6

「あれほどのことを体験したのは、無駄だったのですか。無駄であったはずはないでしょうに…」。パウロがここで述べている「あれほどの体験」とは、ガラテヤの教会の人々の前にイエス・キリストの十字架の姿がはっきりと示されたことです。彼らはパウロの説教を通して、主イエス・キリストの救いの恵みにあずかり、新しく生まれ変わったのです。それにもかかわらず、いつの間にか彼らは、ユダヤ主義の偽教師たちの影響を受け、律法を守り割礼を受けなければ救われないという偽りの教えに陥ってしまったのです。パウロの驚きと怒りは「ああ、物分りの悪いガラテヤ人たち」という激しい言葉の中にも表れています。パウロの怒りは、自分の労苦が無駄になったことに対するものではありません。「霊(聖霊)によって始めたのに、肉によって仕上げようとする」ことに対する怒りです。それは神の恵みを無にすることであり、イエス・キリストの死を無意味なものにしてしまうことになるからです。私たちは過去の体験を無駄にしてはなりません。戦争体験にしてもそれを過去のものとして、風化させたり忘れ去ったりするのではなく、今の生活の中に生かし、次の世代に伝えていく責任があるのです。十字架のイエス・キリストは、復活して今も生きて働いておられます。主の恵みを無駄にせず、主と共に歩み続けましょう。

off キリストによる生と死

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙2:15-21

パウロにとって、ダマスコ途上でのキリストとの出会いは強烈なものでした。今までユダヤ教徒として、律法を絶対的なものとし、キリスト教徒を迫害していた彼が、律法によっては救われない。ただキリストを信じる信仰によって救われると説き始めたのです。パウロは復活のキリストとの出会いによって、イエスの十字架の死は、自分の罪の贖いのためであったことを悟ったのです。その回心の背後には、それまで懸命に追い求めてきた律法の行いに対する挫折があったと考えられます。ローマの信徒への手紙の7章で、パウロは律法に従って善をなそうとする意志はあってもそれを成し遂げる力がなく、欲しない悪を行ってしまう自分の弱さについて嘆いています。「わたしは何と惨めな人間なのだろう、だれがこの死の体からわたしを救ってくれるのだろう」と。彼はこの挫折の中で自らの罪を深く知らされ、キリストの十字架の死と復活の中に、深い罪の赦しの根拠を見出したのです。パウロはその恵みによる救いを「わたしは神に対して生きるために、律法に対して死んだ」と述べ、「キリストに対する信仰によって生きている」と語るのです。「生きているのは、わたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」。私たちも、キリストと共に、古い自分に死んで、主と共に翻って生きたいものです。

off 真実を語る勇気

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

ガラテアの信徒への手紙2:11-14

 日本基督教団の戦争責任告白が公にされて、今年で50年になります。これが公にされたとき、教団の中に大きな反発が起こりました。その最も大きな理由は、当時の厳しい状況の中で教団を守った指導者や苦労した教職信徒を批判し糾弾するものだ、という誤解に基づくものでした。先達たちを労(いた)わる気持ちは尊いことですが、過去の過ちを隠蔽し水に流すことは、私たちや次の世代が、再び同じ過ちを犯すことに繋がります。私たちは同じ教団に属するものとして、過去の罪責を自からの罪責として担いつつ、明日の教団に向けて、悔い改めと決意の表明をする必要があったのです。

 パウロは、先輩格のケファ(ペトロ)のとった過去の行動に対して、衆人の前で公然と批判したことを記しています。その頃ペトロは、ユダヤのエルサレム教会の指導的立場にありましたが、シリアのアンティオキア教会に来たとき、異邦人たちと共に食事をしていたのに、エルサレムから他のユダヤ人信徒が来ると、次第に異邦人から身を引き、ユダヤ人としか食事をしなくなったのです。仲間のユダヤ人からの批判を恐れ、異邦人の顔色を伺った結果の偽善的な行為でした。その行為は他のユダヤ人にも影響を及ぼし、主の教会に亀裂が生じたのです。パウロは、敢えてみんなの前で、先輩の過ちを指摘するひつようがあったのです。共に「福音の真理」に従うためです。