毎週の説教メッセージ

off あなたはキリストのもの

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントへの信徒への手紙①3:18-23

ボンヘッファーが獄中で書き残した詩の中に「私は何者か?」というのがあります。人々の評価と現実の自分との乖離と矛盾の中で、「私は何者か」と問いつつ、「私が何者であれ、ああ神よ、あなたは私を知りたもう。私はあなたのものだ」とうたっているのです。 自分自身を正しく認識するということは難しいことです。
パウロは分争に明け暮れるコリントの教会の人々に、「だれも自分を欺いてはなりません」と語り、「だれも人間を誇ってはなりません」と戒めています。自分を誇ることも、特定の人を絶対化することも、自分を欺き、神と隣人を欺くことになります。神のみが正しく、絶対だからです。神の真実の前に、常に真実でありたい。それが、パウロの訴えであり、ボンヘッファーの願いでもあったのです。人はどうしたら、何ものにもとらわれず、自由に真実に生きられるのでしょうか。パウロは、「あなたがたはキリストのもの、キリストは神のもの」(23)という言葉で、この章を結んでいます。キリストによって罪を贖われた「キリスト者」は「キリストのもの」なのです。「贖う」という言葉は、奴隷が自由の身になるための「身代金」からきていると言われます。罪の奴隷であった私たちが、キリストの血(命)によって、贖われて「キリストのもの」とされたのです。ここに私たちの存在の根拠があるのです。「キリストのもの」として、常に真実に自由に生きたいものです。

off 人生の土台

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントへの第一の手紙 3:10-17

今年も大雨によって、各地で水害等の被害がありました。地震や水害等の対策の一つとして、地盤や建物の基礎工事の点検があげられます。このことは、教会についても言い得ることです。パウロは教会を「神の建物」にたとえて、「わたしは、神からいただいた恵みによって、熟練した建築家のように土台を据えた」と記しています。その土台とは、十字架のイエス・キリストのことです。イエスさま自身、十字架の死を予告して、「家造りらの捨てた石が隅の親石となった」との詩編の言葉を引用し、ペトロも使徒言行録と手紙の中で、この言葉を引用して、「人々によって殺されたイエスが神によって甦らされ、救いの基となられた」と証言しました。パウロも「十字架のイエス・キリスト以外に救いはない」と力説し、「この土台を無視して、誰も他の土台を据えることは出来ない」と述べているのです。この土台の上に私たち一人一人が石を積み上げ、木材を組み立てて教会を築き上げていくのです。スペインのサクラダ・ファミリアという大聖堂は140年経った今でも未完成で建設途上と聞きます。キリストを基とした「見えざる,内なる教会」は、絶えず途上にあって、神の国の到来に向かって成長し続けるのです。時代の激しい雨風や潮流の中で、私たちはどこに立つのか、問われています。一人一人がしっかりとキリストに結ばれ、キリストを土台として成長し続ける教会でありたいと願います。

先週の説教                       最上光宏牧師「人生の土台」   コリントへの第一の手紙3:10-17

今年も大雨によって、各地で水害等の被害がありました。地震や水害等の対策の一つとして、地盤や建物の基礎工事の点検があげられます。このことは、教会についても言い得ることです。パウロは教会を「神の建物」にたとえて、「わたしは、神からいただいた恵みによって、熟練した建築家のように土台を据えた」と記しています。その土台とは、十字架のイエス・キリストのことです。イエスさま自身、十字架の死を予告して、「家造りらの捨てた石が隅の親石となった」との詩編の言葉を引用し、ペトロも使徒言行録と手紙の中で、この言葉を引用して、「人々によって殺されたイエスが神によって甦らされ、救いの基となられた」と証言しました。パウロも「十字架のイエス・キリスト以外に救いはない」と力説し、「この土台を無視して、誰も他の土台を据えることは出来ない」と述べているのです。この土台の上に私たち一人一人が石を積み上げ、木材を組み立てて教会を築き上げていくのです。スペインのサクラダ・ファミリアという大聖堂は140年経った今でも未完成で建設途上と聞きます。キリストを基とした「見えざる,内なる教会」は、絶えず途上にあって、神の国の到来に向かって成長し続けるのです。時代の激しい雨風や潮流の中で、私たちはどこに立つのか、問われています。一人一人がしっかりとキリストに結ばれ、キリストを土台として成長し続ける教会でありたいと願います。

off イエス・キリストの名によって

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:岩河 敏宏 牧師(埼玉和光教会)

使徒言行録10:44-48

本日の聖書前半部では、ペトロが「神は人を分け隔てなさらないことが…」と語っている時に(34節~43節)“聖霊が降り、異邦人が異言を話し神を賛美した”ことが記されています。この状況は、聖霊降臨の場面(2章1節~11節)と酷似しています。本日の箇所と聖霊降臨の間には、重要な分岐点が幾つかあります。そのいずれにも、「イエス・キリストの名によって」という句が関係しています。「悔い改め(方向転換)と罪の赦し」(2章38節)、「足の不自由な男のいやし」(3章6節)、「いやしに対する尋問」(4章10節)、そして「異邦人も聖霊を受ける」(10章48節)です。どの場面も、イエスが十字架に架かる以前の弟子たちとは違い、公衆の面前で大胆に福音を語り、癒し、困難な状況に遭っても躊躇しません。彼らがそう出来たのは、神がイエスを“復活”させられた、との確信があったからです。“復活”の語は、「よみがえり」(40節)と「横になっているものを起こす」(41節)の二種類を使っています。「イエス・キリストの名によって(名の中に)」自分を浸す時、自分の人生を諦めていた者が立ち上がる(復活)ことが可能になり、外部の圧力にも屈せず、新しい価値観(異邦人も聖霊を受ける)をも享受し、これまでにない共生の歩みに踏み出せたのです。果たして、私たちはどうなのか。自身の脆弱さを嘆くのではなく、むしろ「イエス・キリストの名によって」自分の弱さに主が寄り添われ、聖霊の力を受けて(1章8節)希望の道を歩みたい。

off 愛がなければ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙(1)13:1-13

この箇所は一般に「愛の賛歌」と呼ばれ、結婚式などで読まれる箇所です。しかし著者のパウロは、これを単なる賛歌として謳いあげているのではありません。「最高の道」として教え、共にこの道を歩もうと勧めているのです。愛がなければ、どんなに素晴らしい言葉もやかましい音でしかなく、どんなに深い知識も信仰も行為も、愛がなければ無に等しいからです。ここには、「愛は忍耐強い、愛は情け深い、ねたまない…」と15の徳目があげられていますが、これはどれも私たちの愛に欠けている事柄です。ここで言う愛は「アガペー」という語で、価値無き者をも愛する「神の愛」を意味する言葉です。イエス・キリストこそ、この愛に生きそして死んだ唯一の方なのです。パウロは、イエス・キリストが自分のために十字架に架かられたことを知って、神の愛を知り、自らもその愛に応えて生きようとしたのです。「幼子のことを捨てた」とは、自分中心の活き方を捨てて、他者のために仕える成熟した愛に生きようと決意したことを意味します。しかし、今はまだ、神の愛は鏡を通して見るように、間接的にぼんやりとしかとらえられていない。けれども、やがて、顔と顔とを合わせて見るように、直接的にはっきりと捉えられる時が来る。パウロは、おそらくそのような信仰と希望とをもって、神の愛を追い求めつつ、「さあ、あなたも」と私たちをその道に招いているのです。

off 成長させてくださる神

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントへの第一の手紙3:1-9

パウロは、コリントの教会の人々を「乳飲み子」にたとえて、「乳を飲ませて、固い食べ物は与えませんでした」とのべています。彼らの未熟さの故です。幼子は素直な反面、自分を絶対化して、他者を顧みることがありません。パウロは、コリントの教会の中に「わたしはパウロにつく」、「わたしはアポロに」と指導者を巡って分争している様子に心を痛めて、「肉の人」から「霊の人」に成長することを願っているのです。「わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です」。パウロはこの言葉で、自分とアポロの役割の違いを明らかにしつつ、自分たちの働きは取るに足りない、「大切なのは成長させてくださる神です」と語るのです。子どもを育てるのも親ではありません。神さまが育ててくださるのです。親は神さまの御業にあずからせて頂くのです。育児の喜びとゆとりは、そこにあるのです。教会の成長も同じです。神さまが成長させてくださるのです。伝道は、基本的に神さまの御業です。牧師も信徒もその神さまの御業に共にあずからせて頂くのです。そこに伝道と教会形成の喜びがあるのです。パウロは、神の御業に加えられて、み言葉の種をまき続けることに深い喜びと感謝の思いを込めて、コリントの教会の霊的な成長を祈っているのです。

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙(1)2:1-16

ペンテコステの出来事は、弟子たちに聖霊が降り、彼らが一斉に立ち上がり、諸外国から来た人々にも通じる言葉で語り出したということです。それは「十字架で殺されたイエスを神は甦らせ、救い主とされた」という「偉大な神の業」についてでした。聖霊は、神の隠された知恵(奥義)を明らかに開き示す力であり、それを大胆に語らせる力です。またそのようにして語られる十字架の言葉を他の人々にも悟らせる力でもあります。人間の知恵では愚かとしか見えず、つまずきでしかない十字架の言葉が、聖霊の働きによって、尊い救いの力として理解されるようになるのです。パウロはアテネでギリシャ人の好みに合わせて、人間的な知恵によって語った結果失敗し、恐れと不安を抱いてコリントで伝道したのです。そのような挫折を通して彼は、ひたすら聖霊の導きを祈り求め、「十字架のキリスト以外何も知るまいと心に決めて」、人の知恵によってではなく、神の知恵によって語ったのです。コリントの教会は、そのようにして誕生したのです。人間の知恵は、文明や繁栄をもたらし、私たちの生活を便利にしました。しかしその知恵が、戦争を引き起こしたり、原爆や原発によりすべての被造物を危機にさらしているのです。「神を畏れることが知恵のはじめ」なのです。神の霊の力によって、キリストの十字架に秘められた神の知恵にあずかり、大胆に神の御心を信じ、宣べ伝える者になりたいと願います。

説教:最上 光宏 牧師

ルカによる福音書19:1-10

ザアカイがみんなの嫌がる「徴税人」になったのは、彼の背が人一倍低かったことと関係があったと思います。小さい時から「チビ、チビ」とからかわれ、いじめられてきた彼は、人一倍金持ちになってみんなを見返してやりたいと思ったに違いありません。彼はローマの権力を背に、貧しい同胞たちから強引に税金を取り立て、徴税人の頭になり、金持ちにもなりました。しかし彼は、少しも幸せではありませんでした。みんなから「罪人」と呼ばれ、孤独の寂しさの中にあったのです。イエスが町に来られるという噂を聞いて、急いで通りに出ても、大勢の人垣に阻まれて前に出ることさえ出来ません。そこで彼はやむなく近くにあったいちじく桑の木によじ登ったのです。それは滑稽な姿である以上に、孤独の寂しさを示す姿です。

そんな彼に主イエスは「ザアカイ、降りて来なさい。今日あなたの家に泊まることにしている」と声を掛けたのです。今まで誰からも声を掛けられたことのなかったザアカイにとって、それは驚きであると共に、彼の生き方を180度転換するものでした。彼は自分の財産の半分を貧しい人々に施し、不正の取り立てを反省して4倍にして返す誓いを立てたのです。主イエスがザアカイを友として受け入れてくださったことにより、彼もまた、他者に心が開かれ、貧しい人々の友として生きるようになったのです。主イエスは今も私たち名を呼んで招いておられます。

off 活きたキリストの体としての教会

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙①12:12-27

「教会」は、神によって「召された者の集まり」(エクレシア)です。主イエスは、弟子たちに「あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選んだ。それはあなた方が実を結ぶためだ」と言われました。教会は一般のグループのように任意の自己目的の集まりではなく、神によって必要とされて、選ばれた者の集まりです。一人一人は弱さと破れをもった者ですが、イエス・キリストに結ばれて、「キリストの体」とされているのです。イエス・キリストの命と、力にあずかって、キリストの御心に従う群れなのです。 体は、多くの部分から成り立っていますが、体は一つであり、どの部分も大切な体の一部です。それぞれの部分が、しっかりと体につながって、それぞれの役割を果たす時、その体は活きた体として機能するのです。教会の場合も同様です。一人一人みな、個性が違い、賜物も違いますが、みな大切な「キリストの体の部分」です。だれも自分を卑下して、「私なんかいなくても」などと思う必要はありません。また、自分を誇って、他の人を見下し「あの人は要らない」などと言うことは許されません。「体の中で弱く見える部分がかえって大切なのです」。互いに補いあって共に生きるためです。弱い者を排除し、強さだけを求めるこの世の中で、教会は、交わりを通して「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」活きたキリストを証しする使命と責任を負っているのです。

off 神の知恵

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントへの信徒への手紙①1:18-25

キリスト教の神髄は、イエス・キリストの十字架と復活にあります。しかし、この十字架と復活が、多くの人のつまずきとなっていることも事実です。「十字架と復活さえなければ、キリスト教はすばらしいのだが…」と言った人がいます。しかしキリスト教から十字架と復活を取ってしまったら、単なる人道的な教えになってしまいます。「十字架の言葉」は、メシアのしるしを求めるユダヤ人にとっては「つまずき」であり、人間的な知恵を求めるギリシャ人にとっては「愚か」(ナンセンス)なものでした。パウロ自身もかつて、「木に架けられたものは呪われた者」というおきてにとらわれて、十字架のイエスをメシアとあがめるキリスト教徒を憎み、激しく迫害しました。そのさ中、復活のキリストとの出会いを通して、目が開かれ、十字架の贖いの恵みこそ「神の力」であることに気付かされたのです。そのような体験に基づいて、「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です」と断言しているのです。この「力」は、ダイナマイトの語源となった「デュナミス」というギリシャ語です。十字架の言葉(福音)は、パウロの頑強な自我の壁を打ち砕き、固い罪の岩をも粉砕して、彼を永遠の命と光の世界へと導いたのです。彼はここに神の知恵を見て「神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強い」と賛美したのです。

off 心を一つにして

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:最上 光宏 牧師

コリントの信徒への手紙1:10-17

今、人と人、国と国、民族と民族の間の分断と緊張が高まっています。皆、自分のこと、自国のこと、自民族のことしか考えないからです。そのような中で、「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし、思いを一つにして、固く結び合いなさい」というパウロの言葉は、重い意味をもっています。この言葉は、コリントの教会に向けて語られた言葉です。コリントの教会の中にも、指導者をめぐって「わたしはパウロにつく」、「わたしはアポロに」、「わたしはケファ(ペトロ)に」と主張する分派が生じたのです。パウロは「キリストは幾つにも分けられてしまったのか」と嘆き、私たちは皆神に召され、キリストに結ばれて一つにされた「キリストのからだ」であることを強調し、「一つになる」ことによって、活けるキリストを証しすべきことを訴えているのです(12章参照)。キリスは十字架の死によって、敵意という隔ての壁を取り壊し、二つのものを一つにして平和の福音をもたらしました(エフェソ2:14-17)。このキリストにおいてこそ、私たちは一つになることができるのです。しかし、コリントの教会において、「わたしはキリストに」と主張する人々も一つの分派になってしまったのです。その主張は正しくても、自分を絶対化し他を裁き、全体のことを配慮しないためです。互いに謙虚にキリストの愛を基として一つになることが求められているのです。