毎週の説教メッセージ

off 神の子なら

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マタイ27:32-56

イエスはピラトに、祭司長、律法学者、長老たち、通りかかりの民衆に「十字架につけろ」とののしられました。祭りごとの囚人の釈放の時もイエスを十字架につけたいだけで、「バラバ」を釈放しました。その場を通りかかったキレネ人シモンはイエスの代わりに十字架を背負って歩きました。十字架につけられたイエスに「ユダヤ人の王イエスである」と罪状書きがあります。「神殿を打ち倒し、三日で建てる者、神の子なら、自分を救ってみろ。そして、十字架から降りて来い」とののしられ、一緒に十字架にかけられた強盗二人にもののしられます。昼の12時に全地は暗くなり、それが3時まで続き、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫んで、イエスは息を引き取ります。自分を苦しめ、釘打ち、ののしった人間にあたるのではなく、どんな時も神にのみ語りかけるのです。私はピラトや祭司長、律法学者、通りかかった民衆を責めることができるでしょうか。私も無責任に同調していることが多々あります。讃美歌21の306番「あなたもそこにいたのか」で、私もそこにいました。「神の子なら」してみろと言わんばかりに。苦しい時、どうしようもない時、イエスの十字架を遠くから見守ることしかできなかった婦人たちですが、その後遺体を受け取り、墓に埋葬することができました。受難週を覚えて、自分の十字架を背負ってイエスに従いましょう。

off 仕えられるためではなく仕えるために

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書20:20-28

イエスの受難(・復活)予告と従う者たちの反応を顧みると、イエスの言葉を受けとめていないこと、自らの願いが働きから地位・序列へと動いていく等の連続です。
今日の場面22節、イエスが「わたしが飲もうとしている杯を飲むことができるか」と語ると―この「杯を飲む」というのは(端的に言うと)その人に定められている死を受け入れるということ―二人は即座に「できます」と応えます(22節)。それに応じるイエスの言葉には驚かされます。二人は何らかの労苦・犠牲は覚悟していたと思いますが、23節でイエスは「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲む(殉教する)ことになる」と言われたのです。今回、このイエスの言葉を聞いて、こういうことを考えました。…憲法を具現化していくため,どれほど多くの血が流されたことか。2011年の東京電力福島第1原発事故によって、どれだけの無念の死・苦悩の歩みがあった(ある)ことか。…私たちはこれらの受難・死に向き合い歩むことができるのか。…イエスに従う者たちに、新しい歩みのための教えが説かれます。「…皆に仕える者になり、…皆の僕になりなさい。人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の[皆の]身代金として 自分の命を献げるために来たのと同じように」(26-28節)。イエスはここで、自分自身を、従うモデルとして指し示します。私たちがわかる(under-stand)のは、同様に、従う時なのでしょう。

off 起きなさい。恐れることはない。

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書17:1-13

この物語は、イエスを神顕現としては伝えてはいません…。厳密にいうなら、「神の子」の顕現、メシアとしての顕現であるのかも…。イエスの顔が「太陽のように輝き」(2節)と出てきますが、これは「正しい人々はその父の国(天の国)で太陽のように輝く」(13:43)の前触れのように感じます。イエスは人間にあらざるものではなく、万物の目標となるような「変貌を遂げる人間」として示されているように想われます(ヘブライ書2:10)。ここでは、イエスは何も言わないし何もしない…。このイエスの受動性は神顕現という事態には相応しくない…。積極性を示すのはペトロです。彼が言う「三つの仮小屋」の意味ははっきりしません。モーセもエリヤも(伝承では)「天的」な存在であり、仮小屋と訳されている言葉はかつて神がイスラエルのただ中に住まわれた荒野の「幕屋」を示します。類推すると、ペトロの言動は、とんちんかんのようにも響きますが、「天的」な存在、「栄光」のイエスと長く留まりたいという思いで満ちています。それは、告白後にイエスから正された、あのペトロの姿です(16:22-23)。この時、雲の中から声が聞こえます。「これは、わたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」(5節)。ペトロの人間の声は、この「神顕現」により沈黙させられます。受難(・復活)予告後ですので、イエスはこの道を行くメシアとして愛され、(受洗時にはなかった)「これに聞け」と弟子たちは示されるのです。

off しなやかに従う

tokorozawa-mikuni to 未分類  

 

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書16:13-28

18節「教会を建てる」―(十字架・復活も経ず、歴史的に教会がまだ成立していないのに)イエスが「教会」を語るのはおかしいのではないかと疑問に感ずる方もおられるでしょう。17-19節は、並行箇所のマルコ8:27-30には出てきません。この箇所がマタイの付加であることを覚えつつ、次の物語(21-28節)を見ていきましょう。いきなり受難(・復活)予告が始まります。この箇所は未来形で、しかも「必ず…なければならない(must)」「その必要がある」と表現されています。イエスは何を「打ち明け(示され)始められた」(マルコでは「教え始められた」)のでしょうか。このイエスに、ペトロはその「必要」は「あってはならない」といさめ始めました。「サタンよ、引き下がれ」(23)。これは、私と神の間にではなく、私の後に従い、私に学びなさいというニュアンスでしょうか。この後、24-26節に「弟子であること」に関する言説が続きます。失われた命(魂)を取り戻すために、誰が諸勢力・邪な力と闘っているのでしょうか。その願いを抱き、自らが払う値に重きを置かず、神に近づいていったイエスを想います。イエスの道行には「不思議」がいっぱいです。イエスは、復活・未来を示し、現在・受難を歩まれました。それは、「自己喪失」ではなく「自己確証」しつつ、神の示しに柔軟に・しなやかに従っていったように伝わってきます。その先に、イエスに従う新たな民(「教会」)の誕生が「期待」されています…。

off 赦されない侮辱

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書12:22-32

22節「悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人が、イエスのところに連れられて来て」いやされます。すると「群衆は皆驚いて、『この人はダビデの子ではないだろうか』と言った」(23)のです。これはエゼキエル書34:23-24を連想させます。ところが、ファリサイ派の人々は、自分の言動とは異なるので、律法違反の嫌疑をにおわし、敵対者とみなしたのです。イエスの生において何が起こっているのか見ようとしないのです。28節「イエスが神の霊で悪霊を追い出している」のであれば、それを「悪魔のわざ」とする人々は、神を中傷・冒涜していることになります―27節「彼ら(悪霊)自身があなたたち(ファリサイ派)を裁く者となる」との言葉も考えさせられます―。31節「人が犯す罪や冒涜は、どんなものでも赦される」。確かに本当の「悔い改め」があるならば「赦される」のでしょう。しかし32節「聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも赦されることがない」あるいは(人の子・自らへの批判を甘受しても)「(聖)霊に対する冒涜は赦されない」という31節のイエスの言葉を、私たちはどう受けとめればよいでしょうか。イエスの言葉は、聖霊の働きに委ねよ、神の働きに道・世界を開けよ、と響いてきます。人間の狭い了見で、神の広い「憐れみ」を限定するな。そうならば、ファリサイ派への厳しい言葉も、最終的な決定(ピリオド)ではなく過渡的な勧め(カンマ)のように響きます…。

off 誘惑を受ける時に

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書4:1-11

今日の聖書は、「試み」と「誘惑」の二つの意味が響いています。1節後半:「(聖)霊に導かれて(イエスは)荒れ野に行かれ」(神の試みを受けられ)た」。同前半:(その時)悪魔から誘惑を受け」た。2節の「40日間、昼も夜も」は出エジプト後の荒野の民と神を想い起こします。悪魔(3節「誘惑する者」)とイエスのやりとりが、いずれも聖書を基盤とし、「誘惑する者」の1番目(3節)と2番目(6節)の呼びかけは「(もし、あなたが)神の子なら…」と始まります。これは明らかに、3:16の「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という天からの声、イエスの生に関連しています。悪魔の3番目の誘い(8節)では、「もし、ひれ伏して わたしを拝むなら…」と誘います。最後になって「わたしを拝むなら」と出てきますが、この意図は「誘惑する者」において最初から一貫しています。イエスがその生から滑り落ちることこそが「誘惑」の狙いでありました。イエスの応え(4,7,10節)は、いずれも聖書(申命記8:2-3、6:16、6:13)を用いています。「わたしの恵みは あなたに十分である。力は 弱さの中でこそ 十分に発揮される」(Ⅱコリント12:9)。「誘惑する者」に対するイエスの生は、十戒の第1戒「あなたには わたしをおいて 神があってはならない」(出エジプト記20・3)という確認に関わっています。その実存は、神と共に歩む「自由の民」として、神や聖霊や「偶像」を利用して「自らが神になる」という誘惑に抵抗する「礼拝の民」としての、真実な歩みを示しています。

off 安心しなさい。恐れることはない

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マタイ14:22-36

明け方イエスが湖の上を歩いているのを見て、逆風に悩まされていた弟子たちは「幽霊だ」とおびえ、叫び声をあげます。イエスは「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と声かけます。ペトロは「主よ。あなたでしたら、私に命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください」と。イエスは「来なさい」と応え、歩き始めたペトロですが、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけます。「主よ。たすけてください」。イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ。なぜ疑ったのか」と二人が舟に乗り込むと風が静まりました。私たちはイエスを救い主と信じて歩み、支えてくださる方だと信じていながら、私たちを飲み込もうと脅しをかけてくる、高まく波に目を留め、イエスのことを見失い、忘れてしまいます。私たちもペトロと同じです。しかし、イエスは叱咤激励をしてくださいます。そしてそのような中で弟子たちは「本当にあなたは神の子です」との信仰告白をします。私たちも逆風や困難の中で、イエスを「幽霊だ」と叫んでしまうこともあります。その中でイエスの「わたしだ」という力強い言葉を聞き分けられるように。逆風で神を見失いがちになる日々、そしていかなる時も、また来るべき主の日の礼拝で「本当にあなたは神の子です」という信仰告白ができますように祈ります。

off ただ謙虚に、そして大胆に

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書15:21-31

「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」(24節)。このイエスの発言に、イエスの自己理解と宣教の方針が明確に現れていると想います。唐突な質問をしますが「イエスは異邦人伝道をされたのでしょうか?」。この問いへの答えが、今日のイエスの言動の受容に関連してきます。私は(優先順位・方針としては)「イエスはしなかった」と考えます。今日の聖書の場面が、考えるヒントを与えてくれます。イエスは、なぜ「ティルスとシドン」(21節)という異邦人の地に行かれたのでしょうか。ある解釈では、イエスの宣教は厳しく、「逃れる」「退く」旅であると考えます。しかし、マタイ4章のイエスの宣教伝道の始めで触れたように、ガリラヤ北方境界線にユダヤ人たちがいたのです。その民の様はまさしく「失われた羊」であったのかもしれません。イエスが労苦を惜しまず「失われた羊」を尋ねたことを想像します。イエスの宣教には「方針」があったと、私は想います。そしてこの時、一つの事件、外国人の女がイエスに迫ったのです。この女性を想い、今日の説教題を考えました。しかしもう一人、「ただ謙虚に、そして大胆に」歩む人物がいます。それはイエスです。彼は「失われた羊を」を尋ね歩んでいました。この二人が出会う時、火花は飛んだと想いますが、そこに女性・外国人だからという差別はなかったと想います。出会い、そして、憐れみは開かれたのです。

off わたしが来たのは実現するため

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書5:17-20

今日の聖書は、イエスと聖書の関わりについて語っています。17節は、律法と並んで預言者が(しかも複数で)出て来ますので、これは(旧約)聖書と考えてよいでしょう。従ってここは、「わたしが来たのは 聖書を廃止するためではなく、完成するためである」と考えられます。…今日の聖書に続く21-48節には、律法に対するイエスの「反対命題」と呼ばれる話が続きます。「反対命題」という言葉はわかりづらいので、律法を行うにあたって命を吹き込むようなお話と、言っておきましょう。今日の聖書は、それらのお話の「前置き」に位置しています。その一つとして21—26節を取りあげます。…「供え物」が話題にでますが、…神との和解、人との和解に関心を持っています。25節 「あなたがたの(正)義が…まさっていなければ」は、他との比較より、義の質を問題にしているように想います。17節の言葉を幅広く思い出しましょう。―わたしが来たのは 聖書を「確認」「実現」「成就」「満たす」ためである。今日の聖書は、5章の冒頭の山上の祝福「心の貧しい人々は、幸いである…」に始まり、その後に「あなたがたは地の塩…世の光」という呼びかけがあり、今日の聖書が語られ、そして聖書の幾つかが解き明かされていきます。今日の聖書は、弟子たちに厳しくというより、私たちの愛するということ・正義を行うことが(神の愛や神の正義に根差しているか・つながっているかを)正されているように想います。厳しく深いと感じるのであれば、それは神の愛の深さであり神の正義に対する厳しさであります。

off 生き改めよ、天の国は近づいた

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書4:12-17

今日の聖書は、「イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き…」(12)と始まります。この「捕らえられた」という動詞は、イエスの受難予告の時は「引き渡される」と訳されます。そして、受動形の場合は、先週もお話したように、主語は神と考えられています(神的受動態)。…17節の「イエスは…し始められた」という表現が、次に出て来るのは16:21です。私たちは、この後の福音書でイエスの福音宣教を見16:21以降からはイエスの受難(復活)を見ます。マタイは、神の名に対する尊厳から「神の国」ではなく「天の国」と表現しています。私たちの今の時代においても、「種々の禍をなす力」はあります。病気、軍や経済を優先する諸力…。そのような力が人々の中に入り込み、人間・自然・被造物・世界を破壊していきます。イエスの示した「悔い改めよ」は、「方向転換」ともいわれ、イエスとイエスの弟子たちの場合は、命・神に向き直ると共に、神に委ねること・神に「引き渡される」ことだったのかと改めて考えさせられます。日本の現状と今までの歩み(戦前・戦中・戦後)を振り返ると、私たちは命に向き合い、命と生活を守る働きに力を注いできたのか。否、そのような働きを省力化し破壊するような動きに誘われ歩んできたのではないか…。コロナ禍で歩んできた1年を経て、私たちにも「生き改めよ、天の国は近づいた」に始まる、イエスの福音に委ねる(信じ聞き従う)ことが招かれています。