毎週の説教メッセージ

off あなたたちはわたしの証人ではないか

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

イザヤ書44:6-17

今日の聖書は「真の神による『神々の裁判』」と語り得る内容です。人が崇拝する「神(神々)」とそれを信仰する人間の姿が、9-17節に語られています。…今日の聖書は裁判をイメージして語られています。では、誰が被告に、誰が疑念をもたれているのでしょうか。実は神の権威が争点です。イスラエルは破れ、その民を導く神は信頼に値しない、そういう響きが背景に感じさせられます。そして強力と見えるバビロンの神々の祭儀・信仰への「同調」脅威があります。無名の預言者は、民の嘆きの中で、慰めと希望を語ります。9—17節は「強大な『神々』の実際は…」と証言するようなものでしょうか。それに対して、預言者の口を通して語られる主の言葉は、不思議でありながら真実があるように聞こえます。「わたしは初めであり、終わりである。わたしをおいて神はない」(7節)。その言葉は、人間の経験の中で何が起こったのか、神々があるいは神が何をしたのかという「歴史的」証言に焦点をあて、想起させます。8節「恐れるな、おびえるな。既にわたしはあなたに聞かせ告げてきたではないか」。総論的に言えば、神々が(特に一部の人間が)利益追求のために作りあげてきた構造の中に差別や抑圧があり、そして、その構造が崩壊する中で被造物の生存権がさらに危うくなる現実があります。そのような現実において、「いと小さき者」を顧み語りかけ、(再)創造をしてきたのはわたしではないか、という声が響きます。

off 御言葉を宣べ伝えなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:熊江 秀一 牧師 (関東教区副議長・大宮教会)

テモテへの手紙二4:1-5

牧師就任式にあたり、パウロがテモテに命じた「御言葉を宣べ伝えなさい」が与えられた。「宣べ伝える」は王の布告を人々に伝える光栄な使命である。神は伝道者にそれにはるかに勝る特別な使命を与えた。「御言葉」は「ロゴス」である。神の言葉(ロゴス)は肉を取りキリストとして世に現われた。私たちはキリストの福音を宣べ伝える。パウロはこの命令に合わせて三つを勧めた。「折が良くても悪くても励みなさい」。「とがめ、戒め、励ましなさい」。伝道とはどんな時も、罪を示して主に立ち返らせ、福音によって励ますことである。「忍耐強く、十分に教えるように」。「忍耐強く」は愛の賜物。「十分に」は「諦めず」である。伝道とは愛であり、諦めないことである。それは何よりも私たちに対する神のお姿である。

パウロは「だれも健全な教えを聞こうとしない時が来る」と言う。これは教会外ではなく、教会の中で起こる。それはすでに始まっている。だからパウロは「身を慎み、苦しみを耐え忍び」「福音宣教者の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい」と命じる。これは今の時代に伝道者と共に教会の群れが聞くべき言葉である。この命令は、パウロ自身が「神の御前で」「キリストの御前で」その出現と御国とを思いつつ、厳かに」命じた神の言葉である。教師を迎えた所沢みくに教会がますます御言葉を宣べ伝えるように主の聖霊を祈る。

パウロは、今まで有利であったものは、キリストのゆえに塵芥と見なすようになりました。むしろ、信仰に基づいて神から与えられる義、キリストとその復活の力を、その苦難にあずかることを知ることが価値であり、利益だと言う。キリストを理解するために、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために目標を目指してひたすら走るということです。そしてパルロに倣いなさいと。「十字架に敵対して歩んでいる者」は放縦に身を任せえてこの世のことしか考えていません。私たちの本国は天にあります。自分の義を追求せず、地上にあるものに思いを向けず、もろもろの誘惑と試練の中にあっても、天にあるもの、上にあるものを追い求めましょう。所沢みくに教会は50周年記念礼拝を先週しました。50年間、始まりからいろいろな試練があったと想像しますが、その間教会員の皆さんがイエス・キリストの信仰の証しされてきました。私の勤めている本所賀川記念館も昨年50年を迎え、関東大震災から始まる前史を入れると2023年に100年を迎えようとしております。記念館も何もないところから「poor(貧しい)はpure(純粋)だ」と言われ始まったそうです。一日一日が、一年になり、50年になります。先達たちのように目標を目指して今週もひたすら走り(歩み)ましょう。

off 目標を目指してひたすら走る

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

フィリピ3:7-21

パウロは、今まで有利であったものは、キリストのゆえに塵芥と見なすようになりました。むしろ、信仰に基づいて神から与えられる義、キリストとその復活の力を、その苦難にあずかることを知ることが価値であり、利益だと言う。キリストを理解するために、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために目標を目指してひたすら走るということです。そしてパルロに倣いなさいと。「十字架に敵対して歩んでいる者」は放縦に身を任せえてこの世のことしか考えていません。私たちの本国は天にあります。自分の義を追求せず、地上にあるものに思いを向けず、もろもろの誘惑と試練の中にあっても、天にあるもの、上にあるものを追い求めましょう。所沢みくに教会は50周年記念礼拝を先週しました。50年間、始まりからいろいろな試練があったと想像しますが、その間教会員の皆さんがイエス・キリストの信仰の証しされてきました。私の勤めている本所賀川記念館も昨年50年を迎え、関東大震災から始まる前史を入れると2023年に100年を迎えようとしております。記念館も何もないところから「poor(貧しい)はpure(純粋)だ」と言われ始まったそうです。一日一日が、一年になり、50年になります。先達たちのように目標を目指して今週もひたすら走り(歩み)ましょう。

off 命に飲みこまれる

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

コリントの信徒への手紙二4:16-5:10
創立50周年おめでとうございます。…4:16-18でパウロは、[神が関与する]「見えないもの[だけ]は永遠に存続する」と示しています。「なぜなら」(5:1)-この言葉は共同訳聖書では訳されていませんが-と、希望の確信を語ります。すなわち、永遠[の命]、神によって生かされる命について語ります。パウロは3つの比喩で[暗]示します。①永遠の住みか(1節)、②天から与えられる住み家(→「衣」)を上に着たい(4節)、③体を離れて主のもとに住む(8節)。これらは、他の箇所でも似た表現があり、馴染みがあるでしょう。触れておきたいことは、「目に見える」有限の中に、「目に見えない」永遠、神の関与がすでにあるということです。「わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。神は、その保証として〝霊″を与えてくださったのです」(5節)。パウロは、有限の中に永遠に通ずる霊が与えられている畏怖と感謝を、覚えています。4節「地上の住みかを脱ぎたいからではありません」に注目します。また9節の「体を離れて、主のもとに住むことをむしろ望んでいます」という切望は、コロナ禍にある私たちに新鮮に迫ります。「離れていても共に」ですが、直接に相まみえたい。神のもとに住みたいのです。「見よ、わたしはあなたと共にいる」とう方が、全てを導いてくださいます。「だから、体を住み家にしているとしても、体を離れているにしても、ひたすら主に喜ばれる者でありたい」(9節)のです。

off すべての人を憐れむために

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ローマの信徒への手紙11:25-36

大胆に言えば、神の計画はシンプルで「すべての人を憐れむ」(32節)「全体が救いに達する」(26節)であります。被造者である人間は、神を理解できないどころか、もっと扱いやすく「目に見える」(自分たちに確かな)神・偶像を創ろうとしてきました。「秘められた計画」を啓示した預言者に「かたくになり」、主イエスに対する「無理解」「反逆」がある! では、恵み・贖い・救いを予感させる「秘められた計画」の中身は、何なのでしょうか。パウロは、ここで明確に「[イスラエルを]かたくなにする」こと、「[すべての人を]を不従順にする」ことであると示します。(ここで一つ例を挙げます。ルカ15:11-32の「慈愛に満ちた父の譬え」は、今日のパウロの示す事態を如実に表しています。弟も兄も、父の心を知り、受けとめるより、子たちの『かたくなさ』『不従順』『不寛容』などが前面に出てきます)。

パウロの歩みとイスラエルの歴史を思うと、28-29節の言葉は心に迫ってきます。私たちも、このような計画と実行の中に、生かされています。先週、私は、イエス-パウロ-使徒によって(今に至る)教会へと続く展開を、語りました。

イエスの語った「敵を愛しなさい」(ルカ6:27-36)と「信仰の上に教会を立てる」(マタイ6:27-36)を想い起こします。教会は、「無知の知」(関連:ローマ11:25)を覚えつつ、神(の主権)とキリスト(の権威)を記念し、喜びをもって歩みましょう。

off そこには愛がある

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

エフェソの信徒への手紙3:14-21

3:1「あなたがた異邦人のためにキリスト・イエスの囚人となっているわたしパウロは…」の「わたし」を受ける動詞が1節にはありません。出て来るのは今日の冒頭「わたしは…祈ります」(14節)です。3:2-13には何が? イエス・キリストにおいて示された福音、それを啓示されたパウロの宣教、それは「秘められた計画」(3節)「実現される計画」であり(4節)、「キリストの聖なる使徒たちや預言者たちに啓示」されました(5節)。その福音・計画により、教会は主の恵みを「一緒に[共に]受け継ぎ、同じ体を[共に]形成し、同じ約束に[共に]あずかるとされます(6節)。「いろいろの働きをする神の知恵は、今や教会により、上の支配や権威に知られるようになった」(10節)。当時の二元論では、地や人に「[悪]影響を与える」支配者や権威者も天上に位置すると考えられましたが、キリスト教では、キリストの勝利によりこれら諸力もキリストに服従したと考えます。[究極の回復時まで]地上の教会はこれら諸勢力の脅威と対峙しています。…「落胆しないでください」(15節)と語った後,著者は祈ります。「キリストを(あなたがたの心の内に)住まわせ」(16節)、(教会が)キリストの愛に根ざし、キリストの愛にしっかり立つ者としてくださるように」(17節)。「…愛を知るようになり…神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、…満たされるように」(19節)。20-21節の頌栄に教会も含まれています!

off 自由な人として

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ペトロの手紙①2:11-25

今日の聖書を「外国人」「難民」を意識して読みますが、著者ペトロは彼らを含む教会に向けて「愛する人たち」と語りかけます。宗教的に(神の前に等しくある)自由の民として迎えられた喜びはいかばかりかと、想います。その事実を踏まえ、聖書は家庭訓という枠で勧めを展開します。最初に出て来るのは「奴隷たち」(共同訳「召し使いたち」)です。…22節の引用(イザヤ53:9b参照)は,本来「この方は、不法を働かず…」ですが、ペトロがここを「罪」としたのは、24節(イザヤ53-4,12b参照)の「罪」と結びつけるためであるのでしょう。新約の後期文書なら「受難」から「高挙」と展開してもよさそうですが、ペトロは「(キリストの)お受けになった傷によって、あなたがたは癒されました」(24節)と展開します。「奴隷たち」の「不当な苦しみ」「癒し」に関心を寄せています。25節との関連で、旧約の聖書日課を紹介します。「わが民は迷える羊の群れ。羊飼いたちが彼らを迷わせ山の中を行き巡らせた」(エレミヤ50・6)。今日の聖書は牧師には厳しい。「制度」「皇帝」「主人」だから、そのままに「従いなさい」となるのか。「自由な民として生活しなさい…神の僕として行動しなさい」(16節)を受け、(キリストの)「足跡に続く」(21節)のか。キリストの受難を見あげる時、同時に「自由な民として生活した」イエスの言葉や行動がまざまざと甦ってきます(ペトロの読者は…)。主の足跡を歩みたいものです。

off 神に属する者

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

Ⅰコリント2:11-3:9

パウロによって創立されたコリントの教会は、パウロが去った後にやってきた人々の伝道がパウロの説いた福音とは違ったことでいろいろな問題を起こし、争いまで起こしました。この手紙はその争いを前提に書かれたものです。

信仰は信じる者には主体的な真理ですが、信じない者にはどうでもよいものではありません。信仰は隠された奥義だからです。信仰は真の知恵であり、知識です。この真の知恵を示したのが「キリストの十字架」以外にないとパウロは言います。隠された奥義を知っている者は「霊の人」と呼び、まだ奥義に達していない者は「肉の人」と呼んでいます。パウロはコリントの教会の人には乳飲み子に語るように福音の真理を語ってきたと言います。そして今もまだ乳飲み子だというのです。それは人間的なことで誇ったり、党派を作って争っている現実をパウロは責めています。「お互いの間にねたみや争いが絶えない」このねたみには「熱心」という意味も有しています。自らの正しさを主張する熱心さがねたみを産みます。現在に生きる私たちもまた、乳飲み子のような信仰であり、人間的なことを誇ったり、党派を作って争います。徹底的に謙遜に生きることをフィリピの信徒への手紙2:1‐13の個所に示されています。コロナ禍にあっても人を責めるのではなく、相手のことを思い、祈りながら神の同労者の歩みをしたいです。

off 起きよ、光を放て

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

エフェソの信徒への手紙5:8-20

今日の聖書で、「光の子」と呼び名が与えられ、「光の子」がどういう存在であるかが物語られます。14節は初期の洗礼の賛歌と想いますが、「光の子として歩」(8節)もうとするなら、知恵が必要だということが15-18節で展開されています。そして、大事なこととして礼拝・賛美のことが19-20節で語られています。16節の「時をよく用いなさい」という言い方は、「市場」という商業用語から来ていていると言われます。関連して18節の「酒に酔いしれてはなりません」とか11節の「実を結ばない暗闇の業に加わらない」にも触れておきたいと思います。ここで言われていることは、酒が好きとか泥酔したとか個人的・道徳的なことではないと想います。当時の人々が飲んで騒ぐことは「社会の友好」のためであり「普通」のことだったと思います。先ほどの「市場」を「広場」「社会」とするならば、その「市場」「社会」のことがそういう場で(ある人々によって)決められていったことを暗示されているのでは…。泥酔は判断を鈍らしますが、それ以上に、ここでは、そういう社会的な動きと「距離を取る」ことが言われている…。当時のキリスト者は制約・圧迫を感じて生きています。それだからこそ、今日の結びがあるように想います。19節の「語り合い」に特に注目したいと想います。礼拝・賛美は、神との垂直関係と共に人々との水平関係への影響も覚えます。「ソーシャルデイスタンス」に苦慮しながら歩むキリスト者が、礼拝・賛美によってどんなにか慰められ楽しみ導かれたことでしょう。

off 文字に従う生き方ではなく

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ローマ7:1-6

キリスト教の人間観について、6,7章を踏まえつつ、確かめておきたいと思います。パウロは、律法と福音、肉と霊などのように、対照的に語り、しかも、それらを価値中立的に語っているように想います。キリスト者は、主イエスが開いてくださった、神が授けてくださる、永遠の命・新しい命に生きるのです。この神を信頼して主イエスに従う歩みを支え導くのは「(聖)霊」である、と。そして、この唯一の恵みの歩みからずれていくこと、それを誘う諸々の「力」、全ての「力」を「罪」と呼んでいるように想います。「罪」のギリシア語「ハマルティア」には、「的はずれ」という意味があることを思い出します。パウロはこの論説に全力を傾けています。

今日の聖書は、そのことを、結婚の比喩をもって説明します。しかし2-3節の譬えは妻が夫に従属する内容を含んでいますので、そのまま語ることはできません。パウロが言おうとしているのは、夫が死んだのに、生きているように夫婦の律法を適用し、妻を従属させることはできないと。転じて4節は、「あなたがたも、キリストの体に結ばれて」新しく生きようとしているのに、「死んだ者」となった「律法」を(キリストよりも)重んじるのですかと、響きます。キリストより〇〇、やがては「罪」に誘われて「隷従」に…。イエスにおいて示された神との関わりが、私たちを自由にします。私たちには「隷従」に戻る自由もあります…。6節を味読しましょう。