毎週の説教メッセージ

off 荒れ野を経て、福音が現われる

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書1:12-15

マルコの荒れ野の物語は「誘惑」と言うより、「試練」の物語と考えられます。マルコでは、サタンがイエスを離れたとは語りませんし、天使たちもずっと一緒にいます。この状況は、この後のイエスの公けの活動においても、変わらず続きます。マルコは、この後も、イエスが悪霊や諸力と闘っていることを、伝えます。イエスの「試練」は、神の「愛する子」「心に適う者」(14)との宣言の後、その使命を生きる・全うするための「試練」であり「歩み」であったと想います。このようなイエスの登場をマルコは、14節で、イエスは来て…宣べ伝えたと語ります。14節の「ヨハネが捕らえられた後」と「ガリラヤへ行き」という言葉は、現実の重い様相を連想させ、イエスの福音・宣教は「試練」の只中で始まり展開されたということを、受けとめざるを得ません。15節、イエスが福音を宣べ伝え歩まれる時、神の国は迫ってきます(神の支配は突入してきます)。そういう意味で、「時は満ちた」のです。今日の場面では、イエスに従う者はまだ登場しませんが、彼は「悔い改めて(生き改めて)福音を信じなさい」と招いてくださいます。イエスの「福音を信じる」ということのみが、求められています。新約聖書、ヨハネ黙示録では、イエスを賛美することが悪・諸力と闘うことであり、神の誉れ(勝利)を証しすると、語られています。私たちが試練を経験する時も、私たちも主に仕えるものでありたいと願います(13節参照)。

off この人は、どういう方なのだろう

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書4:35-41

今日の物語は、マルコ1:21-28に通じています。1:27では「この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く」と人々は皆驚いたのですが、今日の41節では「風や湖さえも従うではないか」と弟子たちが非常に恐れたのです。ただ、他の多くの治癒物語では、イエスは群衆とやりとりをしていますが、今日の物語では、イエスは弟子たちとやりとりをしています。(彼らの信仰は不完全であるかもしれませんが)信仰ある者に、イエスは語りかけています。弟子たちは、困難の中で自分を見失います。そしてイエスに、「先生、わたしたちがおぼれても(どうなっても)かまわないのですか」と、彼を起こします(38)。弟子たちは、何を怖がっていたのでしょうか。また、彼らの信仰を弱く失わせていく力とは何なのでしょうか。このことは、私たちの世界においても起こります。繰り返し起こる新型コロナ感染拡大という現実の中で、私たちも、「どうなってもかまわないのですか」と嘆く時があるかと思います…。また、私たちは、神は地上の(世界の)問題を気づき受けとめているのかと疑う時があるかもしれません…。イエスは弟子たちと共に舟に乗っています。イエスは私たちが生きる世界に来てくださっています。嵐の時にも、苦難の時にも、神の支配を実現される方が「ここにいる」という信頼を確かにすることへと、私たちは招かれています。「この人は、どういう方なのだろう」。この方を信頼する時に、心の嵐も静まり、歩みも確かにされていきます。

off どちらが易しいか

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マルコによる福音書2:1-12

この箇所は中風の人を運んできた4人の信仰と律法学者の不安とイエスの権威が浮き彫りにされているところだと思います。病人は「罪人」とされていた時代、律法を守ることもできず、みんなから疎外されて生きてきた人を4人は無視をしなかった。中風の人はもう一人きりではないのです。しかし、律法学者はイエスをただの人と見ていたため、罪を赦すという言葉に神を冒涜するとして憤慨した。イエスは律法学者に「あなたの罪は赦された」と「起きて、床を担いで歩け」と言うのはどちらが易しいかといって問い、イエスによって、中風の人は起きて、床を担いで、家に帰っていきました。イエスにとっては「どちらが易しいか」ではなく、中風の人の痛みであり、4人の信仰であり、それを自分事として捉えたのです。しかし、律法学者は中風の人の痛みは他人事で、イエスがどうするかに関心があったのです。

2.11集会で講師は「歴史を学んで何をしたいのか、その国まで行って学ぶのはなぜか、同じ構造が今、あなたの足元にもあるのに、それを見ないで学ぶことの意味はどこにあるのか」と言われた。この話を聞いて私は非常に反省した。構造的な問題は自分の足元にある。私もイエスに赦され、床から起き上がることへと励まされたものとして、共に諦めない祈りで歩みたい。

off 種まきのたとえ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書4:1-9

今日の譬え話は、共観福音書のすべてに出てきます。しかも、その文体や内容から、この話は、イエスに由来すると言われています[譬えを、実際に読み語る]。

私は、イエスが「種まき」のたとえを語ったこと、すなわち「神の国」の到来を「種まき」のたとえとして語ったのであろうと受けとめて、思い巡らします。イエスは地のすべてに(人が不毛と思う所にも)、実りの時・喜びの時が来るように、種を蒔かれます。地の上では様々なことがありますが、命を内に秘める「種」(み言葉)の可能性・地の未来を、抑えることはできません。イエスの譬え話は、イザヤ書55:11を連想させます(「わたしの口から出るわたしの言葉も…わたしの望むことを成し遂げ わたしが与えた使命を必ず果たす」。) この譬えは、種(み言葉)が育つ・展開していく様に、注目させます。そして、この展開との関係で取り挙げたいのが、4:26—29の(神の国を譬えた)おのずと育つ種の譬えです。土に蒔かれた種は、ひとりでに実を結び、実が熟すと、収穫の時が来る(26—29)。同様に、み言葉とその内にある命は、大地・世界で伝えられ聞かれると、不思議な仕方で育ち、人間の思いや働きを越えて広がり、やがて神ご自身が喜ぶ時を迎えます…。神の支配の接近は、神の不思議な業として行われ、その成就は、神の、賜物として、奇跡として、結実として、私たちは、見ることになるのでしょう…。

off イエスのたとえ(教え)について

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコ福音書4:11-12,21-34

[11-12,21-25は、紙幅の関係で、本日掲載できません。説教当日の要旨で確認をお願いします。26-29は、次週(2/13)の説教で取り挙げます。ご容赦ください。]

30-32のからし種は、どんなに大きくなっても、木と比べると、灌木にすぎず、低きにとどまります。しかも、からし種は、一年生の植物に過ぎず、その永続性は、種が新たに蒔かれることによって、続きます。この譬えは、イエスと彼の伝えた神の国を、よく表していると想います。33-34の譬え集のまとめを味わいましょう。34、イエスは「たとえを用いずに語ることはなかった」。そして、内と外を分け隔てなく、語ったことでしょう。しかも、イエスの教えは、譬えで、つまりよく知られている毎日の生活の繰り返しの中で語り、私たちに、神を見、神に聞くことを、求めます。ただし、イエスの受難・復活の予告も「近づく神の国」(1:15)の告知も、それが実現していく中でしか、人間には容易に信じる・従うことができないということを、イエスはよく知っておられたのではないでしょうか。最後に4:11、「神の国の秘密」の真中の「の」は、同格の属格と言われます。「神の国」と「秘密」は同じです。この「秘密」は、たとえで語られ、すべての者に、開かれています。ただ、聖書は、イエスの周りいる者には「神の国」「秘密」を打ち明けられていると、言います。それは、聞くことができたという、意味ではないでしょうか。

off 光あれ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:岩河 敏宏 牧師(埼玉和光教会)

創世記1:1-5

聖書の冒頭『はじめに、神は天と地を創造された』(口語訳;1章1節)とあります。なにゆえに神は、天と地を創造されたのでしょうか。神は天と地の創造を通して、創造主なる神と全ての被造物が永遠に繋がるための舞台を整えられたのです。私たちの居る地は、形なく(自己本位で)、むなしい(他の命との繋がりもない)。神はこの状態を放置されず、「光あれ」と言われます。聖書において光(神やイエス)は、常に闇(人間・私)との係わりの中で示されていますから、「光あれ」の言葉は神が私たちとの繋がりを回復する(見放さない)ための第一声なのです。普段の生活ではあまり意識していませんが、私たちの目は光がなくては物を見ることが出来ません。『あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯。』(詩編119編105節)とあるように、神の御言葉が私の人生の道標なのです。加えて、聖書で“見る=わかる”とは、物体を目視して確認することだけを意味するのではなく、「世の光」であるイエスの存在を通して“見る=天を仰ぐ”ことにより、物事の本質に気付くことが期待されています(ヨハネ福音書9章1節~34節;11節、15節、18節の『見えるように』は『天を仰ぐ』マルコ福音書6章41節、7章34節)。創造主なる神やイエスは、私たちの弱さを知った上で認め、寄り添って下さいます。私たちの存在を大切に想い、見失うことが無いように、「光あれ」と言われていることに気付いて自分を大切にしたい。また,周囲の人をも大切に想い繋がる者でありたい。

off これはいったいどういうことなのだ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書1:14-20

今日の聖書は、マルコ福音書では、イエスが会堂で教える最初の物語です。イエスが教えること(21-22)と、悪霊祓いをすること(23-27)の、2つから構成されています。そこに居合わせた人々の反応は、共通しています。22節「人々はその教えに驚いた」、27節「人々は皆驚い」たです。今日は悪霊祓いの方から触れますが、「会堂に汚れた霊に取りつかれた男がい」た(23)。イエスは、目に見えず、諸々の悪さをもたらす霊的存在、この世の諸力に対しても、向き合う方でありました。

汚れた霊はその男を通してイエスを「神の聖者」(24)と叫びますが、イエスが「黙れ…とお叱りになる」(25)と、その男は大騒ぎをし(汚れた霊は去り)その男は落ち着きを取り戻します…。「これはいったいどういうことなのだ」(27)。人々の驚きは今日の聖書の前半の、会堂でのイエスの教えにも通じています。「人々はその教えに非常に驚いた」(22)のです。マルコは、イエスの言動を「新しい教え」と表現しますが、それは前例のない神性・神の出来事を感じさせるということを表わしているように想います。マルコは、人々を(聖書の登場人物にも読者にも)「この人(イエス)はどういう方であるか」という、基本的な問いの前に立たせます。そして、自分で応えることを求めます。私たちも、イエスが言葉と行いで何をなさったのかを謙虚に学び、確かめ、この問いに応えて[従って]いきたいと思います。

off わたしについてきなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書1:14-20

1:14-15はイエスの活動の特徴を短くまとめたもので、イエスは、洗礼者ヨハネが捕らえられた時、ガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝え始めました(14)。イエスは、近づく神の支配に、目を向け、聞き、注意を注ぐことを求めます。そして、近づく神の国(神の支配)に人々が入ることを求め、そのために他の人々にもそこに入るように招く人々を求めます。その展開が1:16-20に出てきます。しかしそこには、私たちが興味・関心を抱くような詳細な報告はなく、あるのは、イエスが招き、その召命に人々が従う(応ずる)ということだけです。17節後半の「人間をとる漁師にしよう」は、次のような意味であると想います。イエスは、自らを漁師にシモンたちを魚に譬え、イエスは言葉(網)を投げ彼らは神の支配の中にとらえられる…。とらえられた魚はある種の死を経験しますが、地上での新たな命を与えられ、イエスに従うことによって、イエスのように、人々を神の支配に招き入れる、人間をとる漁師のようにされていきます。関連してマルコ10:28-31は、私もイエスに従うことを第1とした時、後に家族や社会との関係の結び直しが起こったことを思いますが、ペトロの発言(28)は他人事ではありません。私たちは自分がしたことを持ち出す日常や惰性や誇りの中で、繰り返し、新たに、イエスの「わたしについてきなさい」との招きを、受けているのではないでしょうか。

off イエスの洗礼

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マルコによる福音書1:9-11

イエスの洗礼については、マルコ福音書ではイエスの身分と権威を証ししています。イエスの洗礼の時、水の中から上がろうとした時、天が裂けてとありますが、イエスの死に際して、「神の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた」15:38)と同じ語が使われています。「霊が鳩のように降って来るのをご覧になった」や「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」ということは、イエスだけに向けられているのです。ここでイエスは自分が何ものかであることを知ることになります。他の者は、イエスの語ることに耳を傾け、行うことをよく見ることによって真理を見出さなければならないのです。イエスの死を見守る百人隊長が「本当にこの人は神の子だった」(15:39)というようにです。

福音書の洗礼という言葉を使っている場面は3つあります。1.ヨルダン川です。これはイエスの受洗です。2.「わたしが飲む杯を飲み、わたしが受ける洗礼を受けることができるか」(10:38)では、「自分に死んで、神の復活の命によって生きる」ことです。3.「全世界に行って、…」(16:15-16)では、洗礼を授けなさいといいます。

洗礼は自分が神に従って生きるという表明だと思います。洗礼を受けた者としてキリスト・イエスに結ばれた歩み(ガラテア3:26)をしましょう。

off 知らなかったのですか

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ルカ福音書2:41-52

私たちは、今日の少年イエスの姿を、どのように受けとめるでしょうか。菅原裕子「子どもの心のコーチング」(PHP文庫)を参考にします。菅原は、「子どもの成長はめざましく…その成長に気づかない親は、それまでの延長で、変わらず子どもの保護と支配を続けます」と語ります。巡礼の際、12歳になっているとはいえ、姿が見えなかったとなれば、探し回り、見つかった時には咎めるというのは、保護者として当然のことです。48節「なぜ こんなことをしてくれたのです。お父さんも私も心配して捜していたのです」。これに対する、49節の「…わたしが自分の父の家(神殿)にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか」という、イエスの応えはわかりづらいかと思います。これまで、イエスの神的存在を告げたのは、他の存在(例えば天使やシメオン等)でした。しかし今日の場面では、イエス自身の認識と将来への意識は、家庭を越え、広がり深まり始めています…。イエスご自身は、この後、親の無理解(50)、やがては、人々・弟子の無理解にも直面しながら、歩まれました。また、今日の聖書には「両親に仕え」た(51)とありますが、彼の生涯は「無理解の人にまで仕える」歩みであったと思います。この道を自覚的に歩まれたイエスの歩みに触れながら、私たちも自分の生きるべき人生に向き合い歩んでいきましょう。だったのか。