毎週の説教メッセージ

off 喜びに満たされて

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

使徒言行録13:44-52

44-45節「次の安息日になると…町中の人が主の言葉を聞こうとして集まってきた。…ユダヤ人はこの群衆を見てひどくねたみ…パウロの話すことに反対した」。46節の言葉が響きます。「神の言葉は、まずあなたがた(ユダヤ人)に語られるはずでした。だが あなたがたはそれを拒み…」。パウロたちには、会堂の人々の反応を予想できなかったのでしょうか。私たちは反応や結果を気にかけますが、パウロたちは、福音が受け入れられる喜びもあれば、福音が拒否される苦しみもある、その現実をよく承知していたと想います。それ故、反応や結果よりも、先ず全ての人に福音を伝えることを第一としたのではないかと想います。パウロたちは会堂で語ることを大事にしましたが、より福音を伝えるため、決断を要する言葉を語ります。46節「わたしたちは異邦人の方に行く」。異邦人(外国人)に福音を展開する。今日の場面の町でも、力が問題となっています。自らが力を保持し、力を発揮することは歓迎され、受け入れられます。しかし、主の宣教者は、主の福音を伝え、主を指し示すことを第一とします。宣教される福音は、世の力ではなく、神の力・主の力です。福音が受け入れられるか、拒否されるかは、この力を巡っての思い違いが、深く関係しています。今日の聖書は、イエスの派遣命令(ルカ10:1-12)を想起させます。パウロたちは、イエスの派遣命令を生きる、宣教者の姿でもあります。

off 新しい生き方

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

エフェソの信徒への手紙4:17-32

古い生き方は「異邦人と同じように歩んではなりません。彼らは愚かな考えに従って歩み、知性は暗くなり、彼らの中にある無知とその心のかたくなさのために、神の命から遠く離れています」(18-19)。これらを呼びかけられた人は、全くキリストの教えを知らない人ではありません。「キリストについて聞き、キリストに結ばれて教えられ、真理がキリストの内にあるとおりに学んだ」(21)人たちです。新しい生き方は「偽りを捨て、それぞれの隣人に対して真実を語りなさい。…」(25-27)、「悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みを与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい」(29)、「互いに親切にし、憐れみの心の接し、神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、許し合いなさい」(32)と勧めています。

エフェソの信徒への手紙ほど現代との関連で適切なものはない、現代の教会に対する神の使信としてこの手紙の持つ意義は大きいと、言います。同時に個人的、社会的に今なお人間の生を圧迫している悪の現実をも直視しています。
キリストを通して神に赦されて新しく生きるものとして、神に倣い、謙遜になり、愛によって歩み、光の子として歩むのでありたいと思います。怒りを忘れ、赦し合う歩みを今週できるように祈ります。

off 愛によって歩みなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

 

説教:高桑 義雄 牧師

エフェソの信徒への手紙5:1-5

信仰者は神に倣う者として、神の愛のうちを歩むことが大切です。聖書は「あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者になりなさい」と語ります。生まれながらの人間は、神に倣って歩むことなどとてもできませんが、神から愛され神によって救われた者は福音にふさわしく歩む者とされ、愛することを中心とした生活へと変えられていきます。キリストの救いによって全く変えられ、救われた者らしくふさわしく生きることは、神に応じるということです。神に倣うことは応じて生きることであり、愛することを中心として生きることです。神に愛されていることを自覚できる人は、他者を愛することができます。神に愛され神を愛して生きるとき、私たちは神の愛の働きである聖霊の力によって、愛することを中心として歩む生活ができるのです。

パウロにとって信仰生活とは感謝する生活でした。私たちの生活にはつらいことや悲しいことがたくさんあり、感謝することは簡単ではありません。しかしその中でも私たちは「神を感謝」して生きることが大切です。「神を感謝」することは「神に感謝」することとは異なります。「神に感謝」しようとするとき、私たちの心は自分の事情に左右され不満があると感謝の気持ちは消えていきます。「神を感謝」することは、神が私たちを創造し支配していることを覚えることであり、神が生きて働き、私たちを愛してくださっていることを知るときに、私たちには喜びがおのずと湧いてきます。感謝のないところには喜びはありません。私たちは与えられた事柄に感謝の気持ちを持ち、喜びのうちに愛によって歩む者とされていくのです。

私たちの信仰生活は神に倣う者として、感謝しながら愛することを中心として生きる生活です。私たちは「神を感謝」しつつ、神の愛のうちを歩み続けていきたいと思います。キリストは御自身をいけにえとして捧げ、私たちのすべてを赦して受け入れてくださいました。このことを基として互いに愛し合う生涯を歩み続けていきたいと思います。

説教:加藤 久幸 牧師

ヘブライ人への手紙12:3-13

3節「あなたがたが、気力を失い疲れ果ててしまわないように、御自分に対する罪人たちのこのような反抗を忍耐された方のことを、よく考えなさい」。ヘブライ書の書き手は、ここで、イエスをそれまでのアスリートからファイター・戦う人に換えて、喩えているようです。わかりやすい例として、ある注解・意訳を、ここで紹介します。「あなたがたは、反抗に遭い、四方八方から狙い撃ちされていることを 私は知っている。だが、イエスが 彼が勝利に至る道の途上で、どれだけの多くの敵の砲火を引き寄せたか 想い起こしてみなさい。そして 元気をだしなさい」。この訳は、イエスが、他の人々の命を救うために、自らを犠牲にして、敵からの攻撃をいかに浴びたかと、想像しています。今日の聖書(5-11)は親・大人を神と同じように見なし語っていますが、私たちはそのとおりに受けとめ語ることができるでしょうか。いつの時代においても、親・大人は「罪との戦い」(4)と「よく在ることの歩み」[「主が愛する者の歩み」(5)]の間で、苦闘することに疲れています。疲れきった者たちは、新しい歩みや適切な対応をできるでしょうか。意味を説明することなく伝え行うことは、無意味に既存の鍛錬・指示になってしまうのではないでしょうか。12・13節とそれ以降は、アスリートやファイター・兵士から、現代の市民ランナーが参加するマラソン大会のようなイメージで語られます。そこでは、「弱くなったひざ」(12)や「足の不自由な人」(13)も助け合いつつ共にゴールを目指します。

off 共に苦しみ、共に喜ぶ

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

コリントの信徒への手紙Ⅰ12:12-26

12章で、パウロは、「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えません」と宣べ、「賜物」「務め」「働き」には「いろいろあ」るが、同じ「霊」「主」「神」が「お与えになる」と宣べます(4-6)。そして7節で「一人一人に〝霊″の働きが現われるのは、全体の益となるためです」と語ります。神がこれらの贈り物を贈り、信じる者全てに霊を与えるのは、神の目的に仕えるためであり、共同体全体の利益になるためであると語ります(7)。12章前半(1-11)では「一人一人に」という語り口調ですが、今日の聖書(12-26)では「体は一つである…」(12)のように、一つの体・共同体全体という語り口調に移っていきます。13節は、教会が〝霊″の浸しと現れを受けたと、展開しているようです。コリントの教会では、一致の霊を受けたにもかかわらず、自らは特別の賜物を頂いていると、個人的な霊の資質を誇る動きが生じました。お互いの違いが、「弱く見える」(22)「恰好が悪い」(23)「見苦しい」(24)と批判の対象になり、「お前は要らない」(21)と排除の論理を生みます。その原因には、人間の自己崇拝が関係しています。パウロは、「部分」「役割」という表現を用い、自ら信じる神・キリストの体を、こう告白します。「神は、見劣りのする部分をいっそう引き立たせて、体を組み立てられました。それで、体に分裂が起こらず、各部分が互いに配慮し合っています。一つの部分が苦しめば、全ての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです」(24後半-26)。

off 自分の家に帰りなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:岩河 敏宏 牧師

マルコによる福音書 5:1-20

マルコによる福音書の5章に至る展開は、“福音(よいしらせ)”という語が「自分の益になること(戦勝報告など)」の意味で使用されていた時代にあって、「総ての人が神の前に自分の生きる意味がある」の意味としてリメイクされ、その具体例が“イエスの言葉と業”を交互に記述する構成で記されています。この流れで本日の箇所を捉えると、汚れた霊に取りつかれた人はイエスと出会う以前は、社会から疎外されて続ける中で自身も生きる意味を見出せず、自傷行為を繰り返していました。社会や家族から疎外された彼は、死者が留め置かれる墓場を住まいとします。イエスを見て走り寄り、「いと高き神の子」とイエスの本質を的確に捉えるも、「かまわないでくれ」神との係わりを拒否します。自らイエスに近づくも、他者から疎外され精神面でも深い傷を負う者にとり、神の存在を受容できない姿を暗示します。それを察知し、「汚れた霊、この人から出て行け」とイエスから係わり、神の“福音”へと繋げるのです。イエスの行動は、利己的な利害に終始する人々には“福音”として受け止められず、厄介者として敬遠されます。一方、癒された人はイエスと同行したいと願いますが、イエスは断ります。社会から疎外されたままでなく、人との繋がりで最も大切な家族の住む家に返すことで、他者との関係性を回復することが真の癒しであり、自身で道を拓き生きるのに必要な基盤だと気付かせるためだと解します。神の家族としての教会が、相互信頼の基盤としたいと祈ります。

off 生ける神の教会

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

テモテへの手紙一3:14-16

テモテ一は、教会が(神の)秩序の中に置かれる必要を、語ります。この秩序の中心にあるのが礼拝です。書き手は、柱が屋根を支え土台が建物を支えるように(16)、信仰者の教会は、神が約束されたように支えられ、啓示された真理が保持されていくと語ります。その内容が讃えられます(16)。「キリストは肉において現れ」は、神は人間として現れ、神の救いの歴史の新しい始まりになったことを、「霊において義とされ」は、イエスの洗礼に臨み、彼の生涯の職務に仕え、その同じ聖霊が、死者の中からの復活に臨み、イエスの正しさを証言したと示します。「天使たちに見られ」は、現代の私たちにはいささか奇妙に思えますが、イエスの受肉とともに、奉仕の聖霊・天使たちはイエスに仕え、この聖霊と共に私たちもイエスの再び来たり給うを待ち望んでいます。「異邦人の間で宣べ伝えられ、世界中で信じられ」は、文字通り、世界中に宣べ伝えられ、信じられるようになっていくことを、教会も証言しています。最後に、「栄光のうちに上げられた」は、神の栄光に迎えられ、そして再び、この世界に主イエスが栄光のうちに臨まれることを、示唆しています。 私たちが「どのように行動すべきか」(15)は、「神がいかに行動されたのか」ということへの応答というかたちをとります。教会は讃美しつつ、神の行動に倣い、仕えます。神の成さることは、確かに偉大です。

off 愛の実践を伴う信仰

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

ガラテヤの信徒への手紙5:2-11

ガラテヤ書は「キリストの恵みへ招いてくださった方から、あなたがたがこんなに早く離れて、ほかの福音に乗り換えようとしていることに、わたしはあきれ果てています」(1:6)と、ただちに、しかも極めて厳しい言葉を記しています。そしてパウロは「異なる福音」に真正面から対立する信仰義認論を展開します。
パウロはガラテヤの信徒とその背後にいる人へ「もし割礼を受けるなら、あなたたちにとってキリストは何の役にもたたない方になりま」すし(2)、「割礼を受けるということは律法全体を行うという義務がある」(3)と言うのです。熱心に律法を守っていたパウロだからこそ言えたことだと思います。パウロはキリスト者は迫害すればするほど、喜んでキリスト・イエスに寄っていき、一方自分は律法を守ることで迷いが生じ、そんな時にキリストからの呼びかけを受け、心を開いていったのではないでしょうか。パウロはしばしば信仰と愛を、希望とともに説きあかしています。愛は信仰なしに成立しないし、信仰は愛によって力強く働きます。パウロのいう「愛の実践を伴う信仰」とはそういうことです。
現代に生きる者の多くは、宗教はうさん臭いと思っています。私たちは生きる悩みが多々あります。信仰が揺さぶられる経験もあります。愛は多様です。それぞれにふさわしいあり方で神に従い、愛の実践を伴う信仰で歩みましょう。

off 神の約束の宣教

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

使徒言行録13:13-25

パウロが会堂で教える時、彼は「(イスラエルも含め)歴史と信仰を受けとめて主の福音を伝えます」。今日の聖書においても、出エジプトと荒れ野の旅を語り(17-18)、カナンの地へ定着していく時代を語ります(19-20)。さらに、「人々が王を求めたので」(21)、サウルに続いてダビデを王位につけたことを語ります(21-22)。そして、このダビデについては、[神は]「彼はわたしの思うところをすべて行う」(22)と紹介しています。さらに、このダビデの子孫から、[神は]「イスラエルに救い主イエスを送ってくださった」と宣べています。このパウロの歴史の振り返りは、次のようなことを意味しているのかもしれません。神が、イスラエルを解放し、約束の土地へと導き、その生・命を守られる。かつてダビデのような指導者を与えたのと同じように、神は、[真のイスラエルの完成者としての]イエスを与え、ローマから解放し、約束の国(世界)へと導き、その生・命を守られる…。今日の聖書日課がヨハネで終わっているのは、預言者の時代が終わり、イエス・キリストによる神の国の完成の時が来ていることを示しているのでしょう。また、ルカ文書のイエスは、神の約束・使命のために生き死んで復活させられたと、宣べ伝えています。神の約束・計画の中心に、イエスが・キリストがいます(参考13:30)。パウロたちも、そしていつの時代も、キリスト者はイエス・キリストを指し示し、宣べ伝えます。

off 礼拝が宣教を生み出す

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

使徒言行録13:1-12

シリアのアンティオキアは、多様なメンバーがおり(1)、一つになることが難しい教会ではなかったのかと想像します。下手をすればすぐに分裂をしてしまうような教会だったからこそ、違いを違いとしながらも共に生きる道を探り、これだけでは一つ(イエス・キリスト)になろうということを大切にしたのではないかと想わされます。2節の「彼らが主を礼拝し、断食をしている」とは、本当に真摯な礼拝を献げていたのだろうと想像します。ある牧師は、アンティオキア教会のことを「パッチワーク」と説教しています。「教会は 人間の苦悩とか喜びとか、そんな色々の端切れが持ち込まれて、それがキリストという糸でつながれていく所だろう。自分にはない色を、他の人に出してもらい、そして予期せぬ素晴らしい模様が出来上がっていくのだと思う。パッチワークのもう一つの特徴は、限りなくひろがるということである。…パッチワーク教会は、今の状態にとどまらない。未知の世界に出かけていく、いや押し出されていく.聖霊という風を受けて…」。礼拝が宣教を生み出していく(2-3)。キプロス宣教(4-12)は私たちには奇跡物語のように映ります。パウロ達は諸会堂で教える時には歴史と信仰を受けとめ主の福音を伝え、異教徒や世の指導者に対する時には人々を誘う世界の諸々の力と対決し主の福音を伝えます。このことは現代も変わらぬことではないかと想います。