毎週の説教メッセージ

off イエスは洗礼を受ける

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書3:13-17

15節「正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです」。(参考までに岩波訳は「すべての義を満たすことは、私たちにとってふさわしいことだから」。本田司祭訳「抑圧からの解放にかかわることをみな実行するのは、だいじなことです。」) 原語の「プレロー」は満たす・実現(成就)する等の意味ですが、普通は受動形で用いられます。聖書の成就等も含め、その主語は神であると考えられます(その用例は神的受動態と言われます)。ここでは、イエスが洗礼を受けることにより我々(イエスとヨハネ)において神の意図が成就される、と受けとめられます。 この内容との関連でマタイ20:20-23を参照します。そこでは、イエスの受難(復活)予告の後(その成就の)「杯」を飲むことができるかが、話題となっています。イエスは、受洗の時も、この受難の時も、主体的・自主的に、「御心ならば…」と臨まれたと想います。イエスの洗礼は、主の御心の実現であり、人々(被造物)の歩みへの参与・連帯であると、私は想います。…私たちの「洗礼」も多様であり、一言では語りつくせません。しかしイエスが洗礼を自らお受けになっている出来事は、私にとっては模範であったと言わざるをえません。そして、そこから始まるイエスの公生涯、そして彼と共に歩む道は、私たちにとっては、尽きせぬ恵みであり慰めであり導きであります。この幸いと喜びに生かされて歩んでいきましょう。

off 主に呼び出される

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マタイによる福音書2:13-23

一年の始めの朝の礼拝に、「夜」の讃美歌と思われるかもしれません。今日示された聖書は、イエスの誕生を(旧約)聖書の成就として、物語っています。幸いにも、所沢みくに教会の「聖書を学び祈る会」では、今年度、出エジプト記を学んでいます。そこでは、出エジプトは、この世界の悪からの解放・救いという脈絡だけでなく、その出来事が神の新しい創造物語でもあると味わっています。今日の聖書は、その出エジプトや王国崩壊・捕囚からの帰還等も思い巡らしつつ、イエスの誕生は新しい「出エジプト」の始まりであり、この世界の新しい創造物語の始まりであると、告げていると想います。人間的に言えば誕生であるかもしれませんが、神の視点も踏まえると、イエスはこの暗い世界・厳しい現実のただ中に「呼び出された」のです。そして、この方の歩みは、「仕えられる」ためではなく、「仕える」ためでありました。神の主権と人間の自由という「謎・不思議」「協調」を損なうことなく、神と人のために自分の命を献げるために、召されて来られたのです。そのことを、讃美歌273番は歌っていると想います。世界の解放・新しい創造において、私たちも、「出エジプト」の旅の途上で、「荒野」を経験することでしょう。しかし、私たちは、先立つ主イエスを「私たちの助け」「希望」として、喜んで日々歩みます。「主に呼び出された」者として、2021年の歩みを始めていきましょう。

off 東方の学者たち

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マタイ2:1-12

星に導かれた学者たちが何故、エルサレムに行き、ヘロデ王に「ユダヤ人の王が生まれた」のはどこかと聞いたのか、それでヘロデ王だけではなく、エルサレムの人々も何故、不安を感じたのか。民の祭司長や律法学者は「ユダヤのベツレヘム」と預言書に書いてあることを知っているのに、学者たちのように実行に移さないのか、預言書は学問だけのものか。本来は今生きているときに必要なのではないか。占星術の学者たちは、その後、星に導かれて幼子と母マリアに会い、幼子にひれ伏し、拝み、自分たちの大切なものである黄金、乳香、没薬を献げました。そして、ヘロデ王のところには帰るなと告げられたので、別の道を通って自分たちの国に帰っていきました。第3波のコロナの感染が拡大しています。今年ほど礼拝に行くかどうか迷った年はありません。コロナは人と人のつながりを分断します。しかし、神と人との分断はできません。私たちが困難な時こそ、星はイエス・キリストへと導いてくださいます。神の前に、イエス・キリストの前にひざまずき、祈るのです。私たちの持てるものを献げるために。それは家事、育児、祈り、仕事、奉仕、すべてのものを献げます。そして、権力とは別の道、大多数の無責任な意見とは別の道を通って、自分たちの国、自分たちの現場で生きるのです。クリスマスを迎え、2021年もそのような歩みをしましょう。

off 神は我々と共におられる

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

イザヤ書7:10-14/マタイ1:18-23

私たちも、先駆者たちの、「インマヌエル」(イザヤ7:2)、「主はわたしたちと共にいます」(詩編46:12)、「主は我々と共におられる」(マタイ1:23)の、「神のしるし」を受けとめましょう。しかし、そのしるしは、イエスが神殿に捧げられる時、シメオンが母マリアに告げたことの実現も意味しています。「ご覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするために定められ、また反対を受けるしるしとして定められています」(ルカ2:34)。…私たちが自らの思い・世の常識に囚われているなら、私たちの立つ土台を激しく揺り動かすでしょう。…神は、この世界に、イエス・キリストの誕生・派遣を成就してくださいました。そして、今日、あなたの「しるし」を信じる、新しい一人の誕生を実現してくださいました。このことは、北澤さんにとっても、私たちの教会にとっても、喜びであります。「見よ、闇は地を覆い暗黒が国々を包んでいる。しかし、あなたの上には主が輝き出で 主の栄光があなたの上に現れる」(イザヤ60:2)。「残りの者」「いと小さき者」「神を信じる者」の群れに、新たに加えられる者も、先に歩み出している者も、やがて歩み出す者も、「暗くなってゆく灯心を消すことなく」(イザヤ42:3、参考マタイ12:20)、「主の栄光があなたの上に輝き出で、光を放ちます」(イザヤ60:2)と信じ歩みます。そのように、主の栄光が世界に満ちていきますように。

off それは不思議と言う

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

士師記13:2-23

今日の聖書は、サムソンの誕生を告げる物語です。彼の母親になる女性は、ダン族のマノアという人物の妻で、「不妊」の女性であったと紹介されます(2節)。
彼女の名前は知らされておらず、主の御使いが彼女に現れ、告げます。「あなたは身ごもって男の子を産む…彼は、ペリシテ人の手からイスラエルを解き放つ救いの先駆者となる」と(3-5節)。こういう誕生物語では名前が告げられますが、ここにはありません。彼女が夫にした報告においても、「その子は胎内にいる時から死ぬ日までナジル人として神にささげられている」(7節)ということのみが強調されます。ナジル人としての「誓約」は、誕生する者だけでなく、宿す妻にも影響を及ぼします。夫は「誓約」の確証を求め(8-12節)、再び神の御使いが現れた時にも、「お言葉の通りになりましたなら、あなたをおもてなししたいのです」(18節)と、御使いを「人」と見なしています。しかし、妻はその人と最初会った時から「神の人」(6節)と呼び、信じてその道を彼女が歩み始めます。夫がその「人」の名を尋ねると、彼は「それは不思議と言う」と答えます(17—18節)。そして、「主、不思議なことをなさる方に献げものをささげようとした」ところ、「祭壇から炎が天に上るとき、主の御使いも、その祭壇の炎と共に上っていった」(19-20節)。使命を果たした時、主の御使いは去っていった…。この不思議さが「士師」の物語を覆っています。

off 執り成す人がいない

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

イザヤ書59:9-20

第3イザヤは、平和・回復への歩みを願っていましたが、国の荒廃,社会の解体へと進む失望の中で、今日の預言を語り伝えます。①9-11節で、心からの嘆きを神に叫び、②12-13節で、荒廃した共同体・社会を、神の赦しに向かって開かれたものとするため、預言者も共に罪の告白をして社会的連帯を示すのです。
しかし国を荒廃させ共同体を解体させる者たちは、自分たちこそが「神の注目と恵みに値する」(社会的に成功した者である)と主張する「大胆さ」を持っていたようです。このような状況の中で、預言者はどのように振る舞えばよいのでしょう。第3イザヤは、天上に訴え、③15b—20節の約束と希望を明確にします。ここには、苦難と迫害の時期に現れる、終末的・黙示的な表現が見られます。強調点は、政治的社会的構造への関与から、神の支配への直接的な道を切望することへと、移っていきます。黙示は、(容赦ない悪と苦難によって)危機にある者たちの「避難」の形ですが、同時に、全ての国が神の支配を認め平和の歩みを導入する「終わりの日」に向けた幻の告知でもあります。「執り成す人がいない」にもかかわらず、「主の恵みの御業」が成されると、宣言するのです(16節)。イザヤ書59章も、「憐れみ深い裁き主」というリアリティにより、悪が諸力を奮っていても裁き主(贖う方)の存在を告げることによって、抑圧された者の希望を新たにしていきます。

off 主の光の中を歩もう

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

イザヤ書2:1-5

2020年のアドヴェントを迎えました。

2:6「ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう」は、イスラエルが再び神の道を学び、そして諸国民の一つとして神を礼拝する(巡礼する)ことが、示唆されていると想います。今日の聖書はいつの時代に向けて語られているのかという、関心をもたれるかもしれません(アッシリア、バビロニア、ベルシアが権勢を誇っていた時なのか、あるいは現代の時代においてか)。2:5に、ミカ書にもあった御言葉が出てきますが、どの時代においても、「終わりの日に」(2:2)至るまで、各々の「その日に」2:5の御言葉を信じ「主の光の中を歩もう」と、私たちは招かれています。

1人の証人を紹介します。昨年12月、凶弾に倒れた中村哲さんのことです(紹介は本稿では割愛します)。「光は暗闇の中で輝いている」(ヨハネ福音書1:5)――中村さんの訃報記事に「一隅を照らす者が世界を照らす」と題した新聞記者は、この言葉はアフガニスタンの現地にもあることわざだと紹介した上で、「中村さんは、最後に自らの命をもって世界に『人間共通の心』を気づかせようとしたのだろう」と結んでいます。私は、神の「熱情」もイエスの福音も「一隅を照らす者が…」であり、それは世界の隅々を(隅々から)輝きを放っていると、考えています。暗闇の中に歩まざるをえないとしても、私たちは、「主の光の中を歩もう」に応え歩んでいきましょう。

off 導く

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ミカ書2:12-13

「裁き」の預言ともとれるミカの預言(1-3章)を、後の人々はどのように聞き伝えたのでしょうか。4:4の「剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず もはや闘うことを学ばない」、5章のメシア預言、そして今日の聖書等は、無名の預言者たちにより紡がれ、練られてきたものです。

2:12は、夜に,羊飼いが羊たちを囲いの中に集め猛獣の襲撃から守るように、散らされた民を集める。そして、朝に、羊たちが牧場に導かれるように、導く者によって人々も解き放たれる。2:13は、譬えを用いず、「彼らの王が彼らに先立って進み 主がその先頭に立たれる」と語られます。ここでは地上の王(人)については想定されていないと想われ、民族や国の拘束を超えて、神(主)のみが「残りの者」「小さい者」「世界」を導くという、新たな様相・展開を示しています。

冒頭1:2を示しました。「諸国の民よ、皆聞け。 大地とそれを満たすもの、耳を傾けよ。主なる神はお前たちの証人になられる。主は、その聖なる神殿から来られる」。北王国の滅亡、後の南王国の滅亡、繰り返し起こる「その滅びは悲惨である」(2:10)との経験を通して、真の「救い」「希望」に向き直っていく人々の証言がミカ書です。今日の福音書日課はマタイ25:31—46です。そこに登場する「最も小さい者」は当時の伝道者を指すとも言われます。ミカの預言の伝承と広がりに感謝!

off 与えられた土

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

創世記2:20-24,マタイ5:44-45

今日は収穫感謝の礼拝です。聖書は、二人が神の園を出て行く場面です。この時、神さまは二人に皮の衣(21節)だけでなく[園の]土(23節)も与えました。…あるインドの女性は、「私たちは、土と水、光そして虫たち・生き物がいれば、大地からずっと命の糧・食べ物を与えられてきた」と語っています。イエスさまも「父(神)は悪人にも善人にも太陽を昇らせ…」(マタイ5:45)と語っています。

今日のお話を広く思い巡らしながら、23節の「耕す」(アーバド)は「働く、仕える」の意味があること、さらに[24節の「追放」する(ガラシュ)は強い言葉ですが]23節の「追い出し」(シラハ)は「遣わす」という意味があることを、心に留めたい。

先週の第一礼拝で、新田真代さんが「バベルの塔」の聖書について、お話してくださいました。人間が集まるといろいろなことが起こってきたので、「主(神)は彼らを全地に散らされた」(創世記11:8)。それは、人間に語られた「産めよ、増えよ、地に満ちよ」(創世記1:28)の、神さまの思いとつながっていますと、お話してくれました。それと同じように、今日の聖書は、[どこに行っても]大地(世界)に仕えるよう二人を遣わした、というお話でもあると想います。だって、本来の約束・人間の使命である「大地(世界)に仕えよ」は(取り消されず)そのままなのです。

今、私たちは仕えるために遣わされている意味を、改めて覚えたいものです。

off 互いに争うのはやめよう

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

創世記13:1-18

エジプトでのファラオへの偽証と背信というエピソードを経て、アブラムは遊牧の民であったが、多くの家畜と金銀を持っていました。しかし、甥のロトと共に旅をしていたが、二人は豊かになりすぎ、草地をめぐって互いに争うようになりました。そこでアブラムは別れて暮らすことをロトに提案しました。ロトが右に行くなら、アブラムは左に、ロトが左に行くなら、アブラムは右に、行き先の選択の優先権をロトに与えました。ロトは主の園のような、エジプトの国のような、水が豊かで、土地が豊かであるヨルダンの低地を選択し出ていきました。貧しいカナンの荒れ地を選んだアブラムに神は再び祝福の約束を繰り返しました。広大な土地を与え、数えきれないほど子孫が増えるという約束ですが、これは空手形です。アブラムは依然として土地を持たず、子どももいないのです。新約のヘブライ書11:13に「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちは地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い現わしたのです」これは現代に生きるわたしたちの姿です。まだ見ぬ神の祝福の約束の実現を信じ、それぞれの人生の荒野にただずんでいます。そのことが創世記13章が示しているアブラムの姿であり、私たちに聖書が示す信仰者の道なのです。