毎週の説教メッセージ

off 王を迎える喜び

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

サムエル記下5:1-5

イスラエルの民は何故王を求めたのでしょうか。それは預言者サムエルの息子たちが神の神意を伝えなくなり、不正な利益を求めて、賄賂を取って裁きを曲げたり、ほかのすべての国々のように、目に見える形の強い王を求めたからです。しかし、サウル王は神の言葉を聞かず、富に目を奪われ、それを神に捧げるためだと言い訳をしました。サウルの追手から逃げていたダビデはサウルを殺す機会を得たが、上着の裾だけを切り、その行為すら後悔しました。サウルは神から油注がれたものであるからです。ダビデは油注がれた者の背後にはっきりと神を見ていました。しかし、ダビデは決して完全な王ではありませんでした。ウリヤの妻バト・シェバを姦淫し、夫ウリヤを激しい戦場に送り、殺しています。「ダビデは三十歳で王となり、四十年間王位にあった」(5:4)その間息子アムノンが異母妹タマルを犯し、タマルの兄アブサロムがアムノンを暗殺等、正しく裁くことができませんでした。しかし、ダビデの最も素晴らしい点は罪のどん底で真実に悔い改めたことであり、赦されるはずのない罪を赦された喜びを讃美に歌い上げたことでありました。ダビデは心からの悔い改め、王としての自分ではなく、神の前に立つ一人の罪人に戻れ、神の憐れみの恵みに生かされました。彼の歩みに学び、主イエスを迎える準備をしましょう。

off 『わたしはある』という方が

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

出エジプト記3:1-15

モーセは、神との出会いの前に何の備えもありません。そして、彼は、備えを求められているわけでもありません。モーセの今までの歩み(1-2章)が、受け容れられ、否定もされていないと、言えるのではないでしょうか。神は、モーセが神と自由に対話できるよう、自らを低くして現れ、名前を告げられます(6)。しかし驚くべきことに、この後、モーセの召命が、神から告げられます(7-10)。神の現れの時に従順であったモーセ(4-5)は、使命が示されると、彼の異議や抗議が始まります。しかし、この後長く展開される、神とモーセの対話は、抑圧的でなく、ある種の親密さと心配り、自由さに満ちています。モーセは、最初は「わたしは何者か」と問うたのですが(11)、やがて神に「あなたは誰か」と問います。神は、6節の名に加え、「…『わたしはある』という方がわたしを…遣わされたのだと」語り(14)、15節を命じます。「これこそ、とこしえに わたしの名」(15)は、神が民の歴史に参与すること、民が神の業に参与することを、示唆しています。神が「民の苦しみを…知」り(7)現れ名乗ることは、神が「苦しみを共にする」表明でもあります。この神の救い(解放)は、何かからの解放だけでなく、何かへの解放であり、人々を贖いから創造へと至らせます。モーセへの約束が、私たちにも示されています。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである」(12)。私たちも主と共に、この世界・歴史へと出て行きましょう。

off 人はひそかに神を笑う

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

創世記18:1-15

「三人の人」(2)がアブラハムを訪れ、彼らは去っていきます(16)。しかし、アブラハムとサラと対話をするのは、「主」(1,13,14-15)です。物語は、人間には理解できないことがあると言わんばかりに、展開します。1-8節では、アブラハムが主導的で、忙しく、うやうやしく「客」をもてなします。9-15節では、主導権は「客」(≒主)にあり、ゆったり(遅く)展開するように感じます。「わたしは、来年の今ごろ、必ずここにまた来ますが、そのころには、あなたの妻のサラに男の子が生まれているでしょう」(10)。この場面のサラの態度が記されます。「サラはひそかに笑った。自分は年をとり、もはや楽しみがあるはずもなし、主人も年をとっているのに、と思ったのである」(12)。アブラハムとサラは、断念・諦めさえすれば、制約のある(閉じられた)世界で自らの努力や主導的な行動が取れる(例えば、養子をもらう、妻以外の女性に子どもをもうける)と考えたでしょう。それに対し、閉じた扉をノックし続けるように繰り返される「主の約束」は、希望の無さとして響いたのではないでしょうか。主は決定的な問いかけをします。「主に不可能なことがあろうか」(14)。言葉は既に発せられました(10,14)。しかし、アブラハムとサラは「なお」「さらに」疑いの中におり、サラと主の緊張あるやりとり(14,15)で、今日の物語は終わります。しかし、来るべき未来は、開かれたままなのです!

off 滅ぼされることは決してない

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

創世記9:8-17

今日の聖書はノアの洪水物語(創世記6:5-9:17)の結論部です(9:8-17)。物語の発端(6:5-7:16)は、人の邪悪な心(5)が神の心(6)を悩ませ、神は被造物のすべてを「ぬぐい去」る(7)・「終わらせる」(13)ことを考えます。しかし6:5-7節は不思議です。神は、心を痛め、悲嘆にくれ、後悔しています。今日の9:8-17で、神はご自身の苦しみの中でなされた、公約というべき決断をします。この公約には、人間のみならず、被造物全体が含まれています。私たちは、神が罪あるものを罰するために洪水を起こされると見てきました。しかしこの物語の終りには、悪・罪には罰をといった応報関係ではなく、被造物をあるがままに 恩寵(プレゼント)として 神は被造物の命を守ると宣言します。「…代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである…わたしは雲の中に虹を置く。…わたしは、雲の中に虹が現れると…契約に心を留める。…すべての生き物…との間に立てた永遠の契約に心を留める」(9:13-16)。私たちは、混乱と死を経験すると関わりが絶たれ、あらゆるものが終わりを迎えたと感じるのではないでしょうか。そのような時、民は「神はわたしをお忘れになった」(詩編10:11,13:1など)と問いました。今日の聖書は、洪水も神と民の関わりを切り離せなかったと伝えます。被造物の故に苦しむ神が被造物の苦しみを「心に留める」(8:1)。そのことが、希望を与え、新しい生を可能にします。神が心に留められる、それ以外にはないのです。

off 主なる神の言葉

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

ヨブ記38:1-18

「ウツの地にヨブという人がいた。無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きてきた。…彼は東の国一番の富豪であった」(1:1-3)。サタンは神に「ヨブが利益もないのに神を敬うでしょうか。…面と向かってあなたを呪うに違いありません」(1:6-10)。そんなやり取りの中、ヨブは財産や家族を失っても、また自分の体全体が皮膚病になっても神を呪うことはなかった。ヨブは友人たちと語るうちに、主がなぜ苦しみを与えられたのかを悩み、自分の正しさを盾に、主に詰め寄ります。「主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。これは何者か。知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは、男らしく、腰に帯をせよ」(38:1-3)。ヨブに向かって、お前は何者か、知識もないのに、神のはかりごとを暗くするのか、主の前にしっかり立ってみよと言われ、神がなした業の数々を問うのです。そして「なぜ」この世界が存在するのかの問いを応えていきます。天地創造は世界の初めの神の意志を見出します。ヨブは主に出会い、悔い改め、神が偉大であることと被造物の命を導く神への信頼を告白します。ヨブ記において神の応答が天地の創造主を想起させます。ヨブに創造の信仰を想起させます。
降誕前、イエス・キリストの誕生へと向かうこの時、自分の思い上がりを砕き、神の愛の中を信頼して歩み、心の中にイエス・キリストを迎えましょう。

off 天と地の礼拝において

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ヨハネの黙示録7:2-4,9-12

今日の場面は、6つの封印が開かれた後(6:1-17)、第7の封印が開かれ、いよいよ終末が来ると、予感されるところです。しかし私たちが、黙示録を通して見るのは、終末ではなく、教会・礼拝です。「刻印」を受けた者(7:2-4)は、「地と海とを損なう」嵐(7:1-3)やいなごの災い(9:3-4)、またどんな迫害や試練が襲ってきても、その渦中で守られると示されます。私たちは、力ある者が小さくなる、屠られ犠牲になった者が世界を救うということを、受けとめ信じることができるでしょうか。黙示録は、「ユダ族から出た獅子」(5:5)が天上の礼拝で「屠られたような小羊」(5:6)となり、神の計画である巻物を開くことができる唯一の方であると示します。聖書の十四万四千人(7:4)は象徴的な数字で、人間の想像を絶する数えきれない人数を示します。従来の黙示は、終わりの時に救われるのは少数であると示しますが、ヨハネ黙示録では、明らかに対照をなしています。残るのは、神に敵対する者たちだけです。黙示録の著者ヨハネは、主の日に一人でいます(1:9-10)。ヨハネは、今度は、視点を地から天への移し、天で行われている歓喜の礼拝を見ます(7:9-12)。この礼拝は、終わりの戦いが終わり、神の計画が完成することを、前もって祝うような様を伝えます。黙示録における終わりはまだ先のことですが、大雑把にいうと、神に敵対し戦いを挑む者は、その力や誇示によって、まるで自滅するかのように描かれます。不思議ですが、アーメン(その通り)だと思います。

off 教会に仕える者

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

コロサイの信徒への手紙1:21-29

21-22節、「あなたがたは…しかし今や、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、御自身の前に聖なる者…とがめるところのない者としてくださいました」。コロサイの人々の中には、「聖なる者」とは天に通じる者たちを考えていました。しかしコロサイ書は、キリストの十字架の出来事により、キリストが「裁き」を受けられ、人々が贖われ御子の体である教会に連なる者とされた、それが「聖なる者」(1:21)だと示します。パウロは、異邦人伝道に召され、苦難を伴っても、「宣べ伝え…人を諭し、教えていま」(28)した。24節の「キリストの苦しみの欠けた」という背景には、パウロのユダヤ教黙示思想の影響が指摘されています(つまり、イスラエルでは、「選ばれた者たち」は、メシア(キリスト)が来る前、自分に割り当てられた苦しみを受けなければならないという、考え方があったようです)。29節、「わたしたちは労苦しており…キリストの力によって闘っています」。28節の「完全」の意味することは、コロサイの人々にとっては、天に通じる者・地上の苦しみとは無縁の者といった、他の世界観に通底するものです。しかし、パウロとその同労者は、キリストの労苦によって贖われ、今は、キリストの救いと喜びの内に生かされているという、「成熟」「完全」を語ります。コロサイの教会は、エパフラスによって伝道され(1:7)、その後パウロの同労ティキコ(4:7)等によって指導され励まされます。私たちも、教会の歩みを覚えましょう。
8,2:1-5)。

off 一度身を献げられた後、二度目には

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ヘブライ人への手紙9:23-28

ヘブライ書は、天の事が本来であり、地上の事は模倣であると、語ります。23-24節は、地上の事は「写し」であると、語ります。キリストは、十字架と復活を通して、「人間の手で造られた聖所ではなく、天そのものに入り、今やわたしたちのために」(24)、神の御前で天上の礼拝をしていると、語っているように想えます。「わたしたちのために」、「御自身をいけにえとして献げ」(26)てくださったイエス・キリストを想い起こします。28節、「キリストも、多くの人の罪を負うためにただ一度だけ身を献げられた後、二度目には、罪を負うためではなく、御自分を待望している人たちに、救いをもたらすために現れてくださるのです」。ヘブライ書が明確に伝えていることは、イエスの献身・十字架において、イエスは「多くの人の罪を負」い(28)、イエスは自らの身に「裁き」を引き受けられたことです。それ故、イエスを信じる者は、イエスの十字架・復活において起こったことは、罪の力が敗北し、死の力も打ち破られたことを、喜び祝うのです。キリストは、二度目には「御自分を待望している人たちに、救いをもたらすために 現れて」くださいます。私たちもこの救いとイエスの再臨を待ち望んでいます。聖餐の制定の言葉(Ⅰコリント書11:26)にあるように、私たちは、「このパンを食べ、この杯を飲むごとに、主が来られるときまで、主の死を告げ知らせ」、歩んでいます。

off 義の実を増し加えてくださる

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

コリントの信徒への手紙Ⅱ9:6-15

⓵6-11節。献金は、惜しまずに行うものであり(6)、強制ではなく、自分で心に決めて行うことであり(7)、喜んで与える施しの業(7)であると、パウロは語ります。⓶12-15節。パウロは、12節で、施しと共に、もう一つの大事な言葉である奉仕について語ります。現在、教会の聖書を学び祈る会は申命記を学んでいます(9月は14・15章)。申命記・旧約聖書は、基本、イスラエル・一つの国のことを、扱っています。それ故、その15:4-5では「主は…必ずあなたを祝福されるから、貧しい者がいなくなるが、そのために…あなたは…主の御声に必ず聞き従い…」と、呼びかけられます。イエスは、ルカ福音書4:16-19,21において、聖書を読むことを通して、自らの活動の指針を明らかにしているように、想われます。そして、その施し・奉仕は、一つの国にとどまらず、世界にまで拡張されたように、想われます。パウロの献金の呼びかけは、ある面、現実的です。異邦人教会からエルサレム教会に献金が手渡されることによって、エルサレム教会が、異邦人教会が、神に感謝を献げ、教会の「一致」が保たれることを、パウロは願っています。もし施しと奉仕の動機において、神と神の恵みを見失うならば、私たちの信仰も弱くなり、献金も途絶えてしまうでしょう…。15節は、教会の連帯と共に、施し・奉仕の根拠であるイエスの恵み(Ⅱコリント8:9)を、私たちに想い起こさせます。

off ほかの福音はない

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

ガラテヤ1:1-10

「人々からでもなく、人を通してでもなく、イエス・キリストと、キリストを死者の中から復活させた父である神とによって使徒とされたパウロ…」(1)。使徒「アポストロス」は「遣わす」から来ています。初代教会では、イエスの直弟子たちの中のある特定の人々が、イエスが直接任命された〝使徒″と信じられ、重んじられ、エルサレム教会はこの人々に指導された教会として権威を持つことになりました。ところがパウロはエルサレム教会(人々)から派遣された、権威者(人)を通してという、要件はいずれも満たしていません。

「キリストの恵みへ招いてくださった方から、あなたがたがこんなに早く離れてほかの福音に、乗り換えようとしていることに、わたしはあきれ果てています」(6)。パウロのいう福音は、イエス・キリストの出来事の中に、それまでのユダヤ教の伝統の枠をつき破って、全世界に向けて神のことばが語りかけられていく、新しい時代の幕開けを見て取ったのです。「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(Ⅱコリ6:2)なのです。そこにはユダヤ人と異邦人の区別はなく、割礼の有る無しということは問題ではなく、階級の差別もなく等、ただイエス・キリストにおける神の恵みを頼みとして神に立ち返ることです。「ほかの福音はない」のです。神は分け隔てをしません。共に神にのみ取り入ろうとしましょう。