毎週の説教メッセージ

off つながっていなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ヨハネによる福音書15:1-11

1節「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である」。2節農夫(神)は「豊かに実を結ぶように手入れをなさ」れ、「実を結ばない枝は…取り除かれる」と、イエスは語ります。ここでは、明らかに、農夫のぶどう作りの剪定作業が、譬えとして語られています。実りを得るためには、剪定作業は必須で、3節の「清く」も元々は剪定由来の言葉と考えられます。「枝が、木につながっていなければ、実を結ぶことができない」(4)のです。剪定作業の譬話をベース(基底)にしながら、5節「人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば…」以降の「つながって」は寓喩・喩えとして語られているようです。弟子たちとイエスの「つながって」は、3節にあるように「わたし(イエス)の話した言葉よって、あなたがたは既に清くなっている」。さらに7節で、「あなたがたはわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば…」と、より明確に「つながって」という約束を表現しています。6節の言葉に目を留めましょう。「つながって」と聞くと、人間の努力や選択を問うているように考えるかもしれませんが、5節後半にあるように「わたし(イエス)を離れては…何もでき」ず、人間が実を結ぶのは、神の力により、その力は(人間の内側にあるのではなく)イエスによりもたらされます。6節は終末時・未来を示します。私たちは「つながっていなさい」(4)に生きましょう。

off 互いに愛し合いなさい

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ヨハネによる福音書13:31-35

ヨハネ福音書はイエスの時から60年ほど経ってからまとめられた福音書です。イエスの「出来事」を記しながら、その「出来事」に触れる後の教会の人々の状況も、受けとめています。また、過去・現在・未来を貫いてある「天からの」表現に満ち、「現実の世界」と「神の世界」の境界線に立ってヨハネ福音書は表されているように想えます。32節、「神が人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も御自身によって人の子に栄光をお与えになる。しかも、すぐにお与えになる」。「栄光」は別の言い方で言えば、(神の)「光」「命」になるでしょうか。イエスは十字架・復活を通して「栄光」をお受けになることを表現しているのでしょう。33節は、現代の私たちには、イエスの帰天、つまりイエスが天(神)から来られ天(神)に帰っていくことを述べていると、伝わってきます。イエスの洗足に対しユダは裏切り、「新しい掟」(33-34)に対しペトロは見捨てることになります。ぺトロは、イエスの「栄光」を見ておらず、彼が「帰天」するという告知を聞くこともできず、この時点では「天からの」という視点はないのです。イエスの弟子たちが、神とイエスの「栄光」をわかるのは、イエスの十字架・復活を経てからでありました。やがて「子たち」(33)となるメンバーは、自らの「誓い」ではなく、「互いに愛し合う」(34-35)掟に留まり、「栄光」つまり「光」「命」を分かちあったことが、福音書を通して伝わってきます。

off わたしは良い羊飼い

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

ヨハネによる福音書10:7-21

私たちは、羊飼いも羊の門の喩えも見栄えがして理想的なことを語っていると想い描くのではないでしょうか。しかし、クリスマスにルカ福音書の降誕物語を聞く時、私たちは、羊飼いが「外に」おり(ヨハネ9:34)「野宿しながら夜通し羊の群れの番」をする(ルカ2:8)姿を見ます。そして今日の12節、「自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。―狼は羊を奪い、また追い散らす」を、私たちは当然のように想います。しかし、11節の「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」というイエスの言葉は、全く非効率に想えます。効率で考えるなら、「羊一匹を見捨てて、皆で逃げる方がよっぽど効率的である」という人さえいます。私たちは、見失われた一匹の羊を探す羊飼い、イエスの徹底した愛の関わりを深く受けとめる必要があります(同様に羊の門の喩えも意義深い)。14-15節「わたしは良い羊飼い…わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っており、わたしが父を知っているのと同じである」。イエスは17節で「わたしは命を、再び受けるために、捨てる…」と示し、16節で「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない…羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる」と語ります。イエスが来たのは羊が「命をうけるため」(10)です。

off つながって ~今、わたしを生きる~

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書16:1-8

詩編121編は、人生の旅路、歴史の試練を、問題にしているのかもしれません。私たちの人生には、どんなに望んでも、全然助けが来なかった!ということがあります。また同時に、厳しい現実は変わっていないのに、自分の物事に対する見方が変わっただけで、霧が晴れるように、様々なことが解決へと導かれることがあります。また、あまりに悲しすぎて、あまりに試練が長すぎて、自信が持てなくて、私たちは、目を閉ざし、心を塞ぐことがあります。 詩編121編は、「わたしの助けはどこから来るのか」(1)という祈りに対して、「目を上げて」(1)と、応じています。「目をあげて」というのは、視点を変えることです。「目を上げる」は、小さなことかもしれません。しかし、現実の困難にだけ目を向けて、そこに目を奪われている時には、「わたし」に注がれているまなざしを感じることができません。うつむいてしまっている自分から視線を変える時、私たちは射しこんでくる光を見ることができるのかもしれません。最後に2節の「天地を造られた主」「天地の造り主」という表現は、創世記1:1と同様、「天地」は存在するもの全てを指すものとして用いられています(使徒信条「我は天地の造り主…を信ず」も同様)。その表現は造り主がどのような方であるかに重点を置き、「何者によっても制限されない、無限の助けと、祝福の力を持っておられる方」から、助けは来るのです。

off 出かけ、目を上げ、見ると

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書16:1-8

マルコ福音書の構成は、本体が1:16-15:47で、それにプロローグ(1:1-15)とエピローグ(16:1-8)が付いていると、言われることがあります。今日の聖書で、女性たちが墓の中に入ると、「白い衣を着た若者」(御使い)が「あの方は復活なさって、ここにはおられない…『あの方は、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』」と告げなさい(5-7)と託されます。しかし、女性たちは墓を出て行き、「震え上がり、正気を失」い、「だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである」(8)。マルコ13:9-13は、「恐れ」「沈黙」していた人々がその後どうしたかを暗示しているように想えます。また13:21-23には、「偽メシアや偽預言者」(22)が出てきますが、それは、弟子たち自身がかつて考えていた「偉く…一番上に…仕えられるため」(10:43-45)という、彼ら自身のメシアの理解と同じであるかと想います。しかし、女性たちも、弟子たちも、やがて(時が来て)、復活のイエスに会い、「聖霊」(13:11)を信じ、「わたし(イエス)の名のために…最後まで耐え忍ぶ者は救われる」(13:13)存在になっていったのだと、想わされます。紹介した13章の段落の結びの23節にも、「あなたがたは気をつけていなさい。一切の事を前もって言っておく」と出て来るのは印象的です。
イエスの予告は各々の現場(ガリラヤ)で実現していきます。祈りましょう。

off 十字架の道

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マルコ14:32-42

ゲッセマネでイエスは、祈っている間、ペトロ、ヤコブ、ヨハネの3人の弟子には目を覚ましていなさいと言われました。イエスの恐れ悶えての祈りに反して、弟子たちは眠っていました。それも3度も。イエスは弟子たちの姿をみて、「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た」(41-42)。イエスは最後に弟子を叱咤激励するのではなく、全てを受け止めて、前へ進もうとします。弟子たちは「心は燃えていても、肉体は弱い」のです。言い訳のしようがありません。受難節に入って、マルコ福音書を読んできましたが、イエスは一貫して自分のためだけに生きている人と戦ってきました。反対に、中風の人を運んできた人たちの信仰を見て、中風の人が癒されたと宣言します。神のためと言いつつ、自分の立場を守ろうとする人たちと論争し、弟子たちでさえ、イエスが栄光の座につくとき左右においてくださいということに対して、否と言います。イエスはこれから受ける受難を自分事として受け止めることができない弟子たちの姿を含めて、「もうこれでいい。時が来た。立て、行こう」と前に進みます。目を覚ましていられない私たちですが、先にガリラヤ(それぞれの現場)で生きて働いているイエスに従い、受難週を覚え、歩みましょう。

off 自由をもたらすために

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書10:32-45

32節にあるように、イエスの確固たる決意と態度とは裏腹に、弟子たちは驚き恐れに満ちています。3度の予告(受難と死、そして復活)、そしてその内容がより明確にされていく時、弟子たちは、イエスがエルサレムで殺されるであろうということを、うすうす感じ始めたのかもしれません(32節がそれを暗示か)。この後(35-41)、ヤコブとヨハネが(他の弟子たちも含め)、イエスが「栄光をお受けになるとき」(37)その隣りの位置をしめさせてほしいと、願います。この場面でも、イエスの態度は明確です。イエスは今までもそうでしたが、自らも、そして全ての人に、神が成さろうとすることに目を向けさせるのです(40)。「イエスは一同を呼び寄せて言われた」(42)。この42-45節では、イエスは「偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、…上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい」(43-44)と教えるのです。今までの3回の受難(復活)予告の後、弟子たちの誤解に直面し、イエスは各々の所で、大事なことを教えています(8:34-38、9:35-37、10:42-45)。私たちも、イエスが受難(復活)予告の後で教えられたことを、心に留める必要があります。そして、この3つの教えの結びが、今日の45節です。「人の子は 仕えるためではなく 仕えるために、また、多くの人の身代金として 自分の命を献げるために来た」。イエスは、自由・解放をもたらすために、先へと、十字架へと進まれるのです。

off 山を下りる

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 輝勢子 牧師

マルコ9:2-10

イエスが弟子に自分は何者かと問い、弟子が主と告白し、さらにイエスがこれから起こる十字架と復活の話をすると、ペトロがイエスをわきにお連れしていさめ、イエスに「サタンよ。引き下がれ。あなたは神のことを思わず、人のことを思っている」と叱られてから六日目のことです。イエスは弟子の3人ペトロ、ヤコブ、ヨハネを連れて山に登りました。そしてイエスはエリヤとモーセと話していると、ペトロが興奮して「仮小屋を三つ建てる」と言うと、雲が現れ、声がしました。「これはわたしの愛する子、これに聞け」。そしてそこに残ったのはイエスだけでした。イエスは弟子と山をおり、騒動の渦の中に入っていきました。

イエスが求めているのは山の上に神殿を築くような信仰ではなく、山を下りて行く信仰です。「わたしの後に従いたいと思う者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者はそれを失うが、わたしのため、また、福音のために命を失う者は、それをすくうのである」

イエスの弟子たちが、主の栄光を思うのは十字架に向かうイエスの後に従い、イエスのように宣教を巡り歩き、苦しんでいる人との出会い、悲しんでいる人を目に留め、罪人とレッテルの貼られている人と共に食事をし、足も体も埃まみれになっている道中です。私たちもイエスを仰ぎ、聞き従う者でありたいです。

off ペトロに応えて

tokorozawa-mikuni to 未分類  

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書8:27-9:1

イエスの「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」(29)との問いに、ペトロが[弟子たちを代表して]「あなたは、メシアです」(29)と、告白しました。弟子たちは、イエスの「正体」を正しく言うことによって、イエスのことを明らかに示したと考え、また、その関係も確かになったと考えたことでしょう…。しかし、その展開は、「イエスは何者か」(27-30)という問いから、「メシア(キリスト)であることは何を意味するのか」(31)という段階へと、移っていきました。イエスが「人の子は必ず多くの苦しみを受け…」と受難(復活)予告を始めると(31)、「ペトロはイエスをわきへお連れして、いさみ始めた」(32b)。恐らく彼は、イエスが「気が変になっている」(「常軌を逸している」,3:21)とさえ、感じたかもしれません。イエスは弟子たちを叱り(33)、34節で「群衆を弟子たちと共に呼び寄せて」「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と言われました。この招きは、自己拒絶でも自己嫌悪でもなく、真の自己になるための解放の呼びかけであると、想います。イエスご自身、受難(復活)予告で「人の子は必ず…」(31)と語っていますが、それは外からの義務ではなく、神の思いが必ず実現するためにイエス自身が自発的に引き受ける[苦難を伴う]歩みだったと想います。その意味で、34節は、全ての者をメシアの弟子に招く、イエスの「声」なのでしょう。

説教:加藤 久幸 牧師

マルコによる福音書3:20-35

身内たちも学者たちも、イエスを認めず、イエスのことを「あの男は」(21,22)という評判で動いているように、想います。そして、イエスたちの交わりに対して、学者たちは「遠まきにし」(23節参照)、身内たちは「外に立」っています(31)。この身内たちの態度に対して、イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え(33)、34節で「周りに座っている人々を見回して」…「ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる」と応じました。〔私たちは、通常、自分のために生きます。〕イエスは、神と隣人のために徹底して生きます。普通考えれば、その姿は「常軌を逸しています」。今日のイエスの「見回して言われた」(34)、「御心を行う人こそ」(35)との言葉は、その時に周りにいた人たちはもちろん、外に立つ学者たちや身内たちにも、そして、後の初代教会や私たちにも、警告と招き、励ましの語りかけになっているのではないでしょうか。働いてくださる神の聖霊を信じぜよ、と。

私たちは、神を想い、イエスは何者かと、問います。しかし、今日の物語で、イエスは、人々の判断を正し、「あなたがた(わたしたち)がどのような者になりうるのか」ということを、示してくださっているように想います。「神の御心を行う人こそ…」という招きは、各々の立場や判断を越える広い約束であり、神の家族にされ共に歩むことが赦されます。御心の実現を願い歩んでいきましょう。